人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile


●質問者: hensyuushi
●カテゴリ:趣味・スポーツ 芸術・文化・歴史
✍キーワード:12月29日 2004年 24 Amazon URL
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 26/26件

▽最新の回答へ

6 ● puamei
●100ポイント

http://plain-story.cocolog-nifty.com/ps/2004/11/post_40.html

わかりやすさとストーリー : いま、会いにゆきます

「いま会いにゆきます」

この作者の市川さんの作品は全部持っていて、

初期のころからの大ファン。

でも、映像化されるものは全部、原作を落としてる気がしてすごく不満でした。

でも、今回の「いま会いにゆきます」はやっと

原作に近い空気を出してるかな、と思えました。

号泣しました。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

10月30日公開。URL先の「オタスケマンをフル使用」というのは言い得て妙(対比としている「ぼくセザール」も非常に分かりやすい例え)。けれどもオタスケマンに頼らずに...というあたりの分析が面白かったです。

ちょっと他のページも見てみたのですが、この方、面白いレビュー書きますね。テーマを明確に書いて、しかも結構ロジカルなのがとても気に入りました。というより「物語分析」で映画を解くのか...こういうページが隠れているのがネットの面白さですね。


7 ● db3010ss
●45ポイント

http://d.hatena.ne.jp/TomoMachi/20040625

「華氏911」今、観て来た - ベイエリア在住町山智浩アメリカ日記

マイケルムーア監督「華氏911」

世界の反対側で起こっていることに、無関係でノホホンとしていることは不可能であるということを、明白にしてくれたと思う。

公開2週間後くらいに六本木ヒルズ・バージンシネマに見に行ったのだが、大入り満員。場所柄、外国人の姿も多かった。

11月までの期間、日本においても米大統領選への関心はかつてないほど高かった。そのことにこの映画が果たした役割は大きかったのではないか?

映画自体の内容については賛否両論あると思われるが(私は個人的にはブッシュ支持であった)、現実の世界に影響を与えた(もしくは影響を与えようとした)映画としては、間違いなく歴史に残る映画であり、本年のベスト1として1票を投じたいと思います。

◎質問者からの返答

URL先の町山blogは愛読者なので...町山氏はときどき熱かったりしますが、面白いサイトだと思うので未見の方はどうぞ。

ただマイケル・ムーアのがんばりはアメリカ大統領選に関しては共和党の危機感をかき立てて逆に結束を生み出したような気もします。ジョン・マケインがブッシュを強力に支持したあたり、もし民主党副大統領候補になっていたらどうなっていたのか...更にムーアのメディアへの過剰な露出は強固な地方保守層を掘り起こしたような感じですね。

本作はドキュメンタリーというより政治映画だと思っていますが、ファルージャの鉄橋を描いたことには敬意を表します。あと、ジョン・コンヤーズのコメントもなかなかでした。あれはいろいろな想いが去就しましたね。


8 ● kao51
●60ポイント

http://www5e.biglobe.ne.jp/~midearth/

The Wind in Middle-earth ミドルアースの風 トールキンの世界

(URLは選んだ映画がファンタジーだという性格上、こういうマニアックなものになってしまいました)

『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』(ピーター・ジャクソン監督)

映画は映画館で見るのと家でビデオやDVDで見るのとは大違いです。ビデオやDVDはやはりアタマ偏向で見てしまいますが、映画館ではまるでジェットコースターのように全身で心を満開にして見ます。っていうかそうしてくれない映画は、わたしにはペケです。だから単館公開されるヨーロッパのこじゃれたインテリ映画はもっぱらビデオで読むという感じ。

そういうわたしの原則をはじめにお伝えしておくと、この映画を選んだ理由の大筋はおわかりいただけるように思います。

わたしが映画館(劇場!ですネ)に求めるモノのすべてがこの映画にはありました。モチロン、イイ男(ヴィゴ・モーテンセン)ときれいなオンナもです、しかも、そればかりかこの映画には「クリストファー・リー」という往年のドラキュラ俳優まで「映画の国」から引用!されていて、もうワクワクしてしまいましたヨ。そう、映画ってトキメキですネ、やっぱり!!

CGもこれでもかこれでもかってぐらいでアニメがクールにハシリ気味なので映画はやっぱり熱くやってくれるのが嬉しいです。

ストーリーも古典的な「物語」のプロトタイプを踏襲しているのでアタマ使わずにただただ次々とシーンにのっかってくだけで自動的にラストまで運んでくれるし。筋書きのあるドラマ、イイですネ。それも人間の根底にあるような本性に近いストーリー? つまり神話とか伝説めかしているのがよく効きます(これは原作のせいですが)。プラス、スペクタクルですね、さっきのCGもそうですがメイクや衣装、セットや風景(これもCG含みでしょうが)とか、とにかくアタマ使わないで目ン玉開いて場面の背景や隅々までイジきたなくジロジロ眺めまくりでした。セリフもわりと簡単で英語がもっとわかれば字幕見なくてすむんですけどモ、残念〜!

(ハリポタに比べると物語のスケールの違いで、リングに一票でした)

◎質問者からの返答

ありがとうございます(先ほどのdb3011ssさん最初の言葉が抜けていてすみませんでした。ちなみに「華氏911」は8月14日公開)。

2月14日公開。大作がきましたね。トールキンは20年ぐらい前に読み込みました。当時は映像化できるとは思えず(Amazonではなかなか好評価な微妙な持ち味のアニメ版がありましたが)、それだけでも時代の変遷を感じます。

これは結構悪条件で観てしまった(有楽町ピカデリー2階席ど真ん中といういい場所だったのに体調が...)のでそちらの思い出が強いですが、前作よりもCGの出来が格段に良くなっているのにはびっくりしました。ミナス・ティリスの戦いは本当に迫力の一言で、あれは大スクリーンで観るべきですね。ある意味「映画」らしい面白さにあふれる映画でありました。

ヴィゴ・モーテンセンが出てくるあたりは女性らしい意見ですね。ところで「刑事ジョン・ブック」のどこで出ていたのかが、未だに分からなかったりしますが...

URL先はコアです。コアがゆえに超初心者のためのQ&Aが笑えます。


9 ● kamome48
●5ポイント

Amazon.co.jp: ヴァイブレータ スペシャル・エディション [DVD]: 廣木隆一, 寺島しのぶ, 大森南朋, 田口トモロヲ, 戸田昌宏, 牧瀬里穂, 荒井晴彦: DVD

http://d.hatena.ne.jp/kamome48/20040413#1081865403

ヴァイブレータです。下は当時の私の感想。

ストーリーで語る映画ではありません。何よりも寺島しのぶさんと大森南朋さんの演技がすごくいい。R-18指定の作品ですが、是非観てほしい作品です。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

こういう機会で紹介いただかなければ、個人的には観ない映画でしょう。唯一残念なのは2003年12月6日公開ということです。公開後新年に年を越してから観られたのだと思いますが...

URL先、簡潔にして書き手の言いたいことが伝わってくるようです。「何もないのだけれど、何かある」。本作への興味をかき立てられ言葉です。


10 ● james323
●20ポイント

http://plaza.rakuten.co.jp/monami0818/diary/200310060000/

『スチームボーイ』 科学の行方 - *モナミ* SMAP・映画・本 - 楽天ブログ(Blog)

スチームボーイ

爆発や飛ぶシーンが迫力があってとてもよかったです。ヒロインの素直じゃないけど、憎めないキャラクターも見所です。少しラピュタっぽいかもしれません。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

7月17日公開。実は宮崎駿の「ラピュタ」好きな人間としてはかなり期待していた映画でした。大友克洋があの世界をどう描くか...

URL先思いっきり映画に突っ込んでいますが、まさに同じ思いでした。個人的にはそうそうと思うURLなのですが、推薦先としては微妙じゃないですか?


6-10件表示/26件
4.前5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ