人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

会社の役員報酬の支払いの件についてお伺いいたします。今まで役員報酬が支払えず、未払いだったものが、収入が入ってきたので、支払いたいと思います。その際、収入が少ないために役員報酬全ては支払えず半年分しか報酬が支払えませんが、報酬の金額が少ない役員には1年分の報酬が支払える状況です。その際、報酬が多いA,Bには半年分、少ないCには1年分支払う、ということは可能なのでしょうか?

●質問者: ahiruzuki
●カテゴリ:ビジネス・経営 政治・社会
✍キーワード:会社 半年 収入 報酬 役員報酬
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● mizunouenohana
●25ポイント

http://www.tabisland.ne.jp/news/news2.nsf/ByDateWeek/DC21DF3...

どのような割合で支払いをしても会社内で(役員会等)決定されたものであれば問題ないです。

それ自体が何かの法に抵触するものではないです。

このような支払い方をしても、報酬が多いA,Bの残り半年分は未払いのまま、ということですので、また利益が出た際に支払えばいいことになります。

ただし未払いのままでいるといろんな問題が出てくるでしょう。

URLはそういったことの参考です。

◎質問者からの返答

なるほど。ありがとうございます。しかし、「役員報酬は、たとえ未払いでも、法人税の計算上必要経費として差し引ける」のですね。これは非常にびっくりいたしました。助かりました。


2 ● kn1967
●10ポイント

http://www.google.co.jp/search?q=%E5%BD%B9%E5%93%A1%E5%A0%B1...

御社の役員報酬規定に特別な但し書きでもない限り、そんな事をしたらA/Bさんに訴えられても文句は言えないですよ。

◎質問者からの返答

A,Bからの了承は得ています。ありがとうございます。


3 ● sami624
●25ポイント

http://www.japan-telework.or.jp/disclosure/rules/rules_01.html

役員報酬は定款で定められているので、定款の範囲内であれば、必要経費となり税法上の問題はありません。

ただし、今度企業の収入が増加した時、全役員に対して満額の支給をした場合、期によって役員報酬額が相違するため、税務調査が入った場合に、利益捜査の嫌疑がかかる恐れがあります。

http://www.mof.go.jp/singikai/henkaku/tosin/hk006c11.htm

III-調査9

決算は株主総会の議決事項ですから、役員報酬の支払いに格差をつけたことについて、説明を付した書面を入れて、株主総会の議決をとっておいた方がいいかもしれないですね。その根拠が利益操作でないと、立証できるものがいいです。

◎質問者からの返答

なるほど、嫌疑がかからないように役員報酬の支払いに関してあらかじめ作っておくのですね。毎回お世話になっております。ありがとうございます。


4 ● hogehoge0
●15ポイント

http://www.google.com/

Google

役員報酬は「株主総会」で決定します。

支払い方法や支払額も株主総会で決定します。

ですから、

>報酬が多いA,Bには半年分、少ないCには1年

>分支払う、ということは可能なのでしょうか?

これは当然可能であるということです。

◎質問者からの返答

なるほど、ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ