人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

あなたは“時の風景”を、どのように描いていますか。
↓(あなたのイメージに近い番号を選んでください)

1.アナログ派=時計のように、ギリシャ数字が並んでいる。
2.デジタル派=0123456789の組合せが変化する。
3.年・月・日・時・分・秒、が整然と分別されている。

4.過去や未来、それぞれの無限大などが存在する。
5.左から右に向って、直線状(曲線状)に並んでいる。
6.前から後に向って、十進法や60進法のような法則がある。

↓(どちらが長いと感じますか)
7.過去の一年間>未来の一年間
8.過去の一年間=未来の一年間
9.過去の一年間<未来の一年間

(URLは、なるべく画像を。〆切は72時間後です)
わたしの“脳内風景”は、数年間の日付がカレンダーのように並び、
歴史年号も電話コード状のランダム・コイルでイメージしています。

http://www.hatena.ne.jp/1085083249
↑(過去はてな=数の風景)

●質問者: adlib
●カテゴリ:学習・教育
✍キーワード:あなた はてな アナログ イメージ カレンダー
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 18/18件

▽最新の回答へ

1 ● zenon
●30ポイント

http://gogyoka.web.infoseek.co.jp/hpmake1/magic/saphia.jpg

あなたのイメージに近い番号を選んでください=(1)

時といったら、アナログ。デジタルだと、脳内はコンピューター関連のことになってしまう。

アナログの時計はゆがみ、まわりは暗黒で、地面も空もない。ありきたりな脳内風景。

(どちらが長いと感じますか)=(9)

終わったものはあまり長く感じない。もう終わったことだから。

これからのことはとても長く感じる。何があるかわからない。

◎質問者からの返答

>時計はゆがみ、まわりは暗黒で、地面も空もない<

かならずしも“ありきたりな脳内風景”ではなさそうですが……。

下記の情景も、時計が歪んでいますが、もっとシンプルなんですか?

サルヴァドール・ダリ《記憶の固執 〜 柔らかい時計 〜 1931》

http://www.salvastyle.com/menu_20th/dali_memoire.html

(時計を描いた絵画の代表作・その1)

>何があるかわからない<

既知の記憶と、未知のちがいでしょうか。

それぞれの長さは、どれくらいの比率に感じられるのでしょうか。


2 ● yoyan
●30ポイント

http://www.salvastyle.com/menu_20th/dali_memoire.html

どうも「時」「風景」でこんな情景を連想してしまうんですが

アナログ時計のイメージは絶対ありますね

実際の時間は繰り返さずに遠ざかっていくものですが・・・

あと過去の1年は常に短く来る1年は長くあれと感じます。

そして毎年どんどん1年を短く感じるようになりますね

1年の感覚というのは今まで過ごしてきた時間のうちの1年という割合で感じるものなので

◎質問者からの返答

>実際の時間は繰り返さずに遠ざかっていく<

重要な視点ですね。ダリの作品は、今後もカブるでしょうね。

下記の引用は、やや理論的な説明をこころみています。

── 心理的な時間は、年をとるにつれて短くなり(時間が速く進む)、

年齢の逆数(たとえば5の逆数は1/5)に比例する(P176-177)。

── 織田 一朗《時計の針はなぜ右回りなのか 19941025 草思社》


3 ● arsyu
●30ポイント

http://www.wcn.to/~teleca/tc-pics/2000-04/doraem18.jpg

1〜3はどれも当てはまらないですね。

自分の時の風景には単位は出てこないです。

ドラえもんのタイムマシンの背景のような空間

(ただし、時計図形はなく、また色もついてないです)の中を

波打ちながら無限に貫いている一本のチューブのようなイメージです。

過去も未来も一年の「長さ」は同じですが、

より沢山の可能性を持っているということで

未来の一年間の方が「広い」イメージがあります。

◎質問者からの返答

>「長さ」は同じですが「広い」イメージ<

arsyu さんのイメージは、地動説のように、みずから移動していて、

スピード感がありますね。下記に選んでおきましょう。

── 藤子 不二雄=藤本 弘&安孫子 素雄《ドラえもん 1969 小学館》

http://www.ac.cyberhome.ne.jp/~k-ring/tokei/gazou/doratimef....

(時計を描いた絵画の代表作・その2)


4 ● TomCat
●30ポイント

http://www.xitrodesign.com/pictures/Wallpapers/Sunshine%2080...

うーーーん。1〜6は、どれでもないっていう感じ。

脳内風景としては、時の断片が紙吹雪みたいに

ランダムに舞っているイメージです。

ただそのひとつひとつにインデックスが付いていますから、

「過去一年」とか「過去一年の中の週末」とか、

「生まれて今までに見た夕方」とか「真夏の太陽」とか、

自在なキーワードでいつでも検索できる。

そんな感じです。

長いと感じるのは、

9.過去の一年間<未来の一年間

既に定型データとして記憶されている過去よりも、

期待感という冗長な可変長データを含む未来が

圧倒的に長く感じられます。

URLは、なんか初日の出っぽい画像です。

来年も、すてきな「時」が巡りますように(^-^)

◎質問者からの返答

>時の断片が紙吹雪みたいに舞っているイメージ<

>そのひとつひとつにインデックスが付いている<

>自在なキーワードでいつでも検索できる<

TomCat さんの多彩な行動力は、たぶんつぎの能力によって合成され、

敏捷な判断を生みだしているようです。このテーマは、わたしの小学校

時代の恩師について、ぜひ伝えたいエピソードに由来しています。

EQ(情動知能)Emotional Intelligence Quotient

IQ(知能指数)Intelligence Quotient

SI(社会知能)Social Intelligence

ただし今回の設問では、もうすこし初期の段階として、空間認識とか

記号認識が、現代人の高度な知的能力に、どれくらい影響しているか、

理論家と実務家のちがいは、どこにあるか、というレベルでしょうか。


5 ● snobby
●40ポイント

http://www.geocities.co.jp/Milkyway-Vega/7837/

蝶占い

URLの時計の方の画像かな〜。

基本的にアナログ(1)なんですけど、

無秩序に並んでいる感じで、過去・未来のそれぞれの∞があって(4)、

過去の一年間=未来の一年間、どっちも差がない、経験する順番だけって感じ。

◎質問者からの返答

第2画面がズバリ、わたしの脳内風景(タイプ2)です! わたしの

イメージは、糸がほぐれた蹴鞠のように、もっと大きいのですが……。

ワープロ時代から(何度も描きはじめて)完成できなかった画像です。

── 《ようこそ無神蝶の国へ!》

http://www.geocities.co.jp/Milkyway-Vega/7837/clockRoom.html

(時計を描いた絵画の代表作・その3)


1-5件表示/18件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ