人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

AK-47って今でも作られているのですか?
年間何丁くらい生産されているのでしょうか?

●質問者: daemon
●カテゴリ:政治・社会 趣味・スポーツ
✍キーワード:AK 生産
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● kn1967
●16ポイント

http://www5d.biglobe.ne.jp/~longbow/ak47.html

AK47

ロシアでは1974年頃にAK47に変わって後継のAK74へ移行し、現在ではさらに後継のものへと移行しているという話です。

マスコミが適当に書くから今でもAK47が大量に出回っているようになっているだけらしいですね(30年も前に新型に席を譲ったものがそんなに大量に出回る分けないよね)

◎質問者からの返答

なるほどなるほど1974年.

ベトナム帰還兵のガンマニアの知人に森の中で打たせてもらったのは今後貴重な経験になるのかも.


2 ● o-tsuka
●16ポイント

http://www.yomiuri.co.jp/bookstand/syohyou/20040822ii03.htm

ロシアでは製造していませんが、フルコピー品が中国・北朝鮮・パキスタン・東欧諸国・エジプトなどで製造されており、特に前三者は現在でも輸出用として生産しているはずです。新型銃と違ってプレスを使用していないため、手間はかかりますが初歩的は工作機械で製造出来るようです。年間の製造数はだれも把握していないでしょう。ソ連製も新型(AKM,AK-74など)への更新とソ連の解体に伴って流出しており、出回っている総数は1億丁とも言われているそうです


3 ● sheep5
●16ポイント

Amazon.co.jp: カラシニコフ: 松本 仁一: 本

カラシニコフ(AK47)は現在2億丁ほど世界にあるそうです。後継機もポリシーは同じなので違いないでしょう。部品に遊び(隙)があって、そのために錆びても砂が入っても使用可能というメンテナンスフリー?なところが世界中で人気を呼んでいる理由だそうです。

新聞の記事のよれば「カラシニコフ」は

ブランドとしてファッションをはじめ事業化されるようですね。


4 ● uze-nnyate
●16ポイント

http://www.yahoo.co.jp/

Yahoo! JAPAN

世界中に大量に出回っています。しかし、今はAK-74に変わってしまったので、生産されてないはずですよ。


5 ● taigo
●16ポイント

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4022579293/hatena-q-22

Amazon.co.jp: カラシニコフ: 松本 仁一: 本

ソマリアなどアフリカの内戦地域には製造刻印なしのAK47が出回ってるそうです。

ソ連崩壊により、旧東側諸国からの武器密輸が深刻な問題になっているようで、こういうのは裏の部分ですから、正確な情報というのはわからないらしいです。

AKは植民地解放戦の大きな武器になり、宗主国から独立した国の内戦を助長する悪魔の武器にもなりました。

http://homepage2.nifty.com/flipflopflap/gamers/database/ak47.htm

http://news.kyodo.co.jp/kyodonews/2003/iraq4/news/1215-6.html

◎質問者からの返答

製造刻印なしですか.やっぱりそうなりますね.

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ