人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

◇レビュー第3弾:今度は絵本で◇

あなたの好きな絵本について紹介してください。

大人が読んで楽しめるような本だと嬉しいです。
キャラクターものじゃないほうがよし。

でも、あまり気にしすぎなくていいので自由にどうぞ(^-^)
本の魅力が伝わるようなレビューならなんでもよいです!

●質問者: tomo031208015
●カテゴリ:書籍・音楽・映画
✍キーワード:あなた キャラクター レビュー 絵本
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 72/72件

▽最新の回答へ

1 ● monet08
●15ポイント

大切なきみ

大切なきみ

  • 作者: マックス・ルケード
  • 出版社/メーカー: いのちのことば社
  • メディア: ?

「大切なきみ」

互いにシールを張り合う人形の世界。

ダメダメシールを張られてばかりの主人公。

でも、自分を作ってくれた人にかけられたやさしい言葉で自分を取り戻していく、という心温まる物語です。

大切な人からこの本をプレゼントされました。

何回も読み直して、深ぁい意味を感じています。

◎質問者からの返答

ありがとうございます(^-^)

未読分一気に空けていきまーす


2 ● tebas1970
●15ポイント

ブローチ

ブローチ

  • 作者: 渡邉 良重 内田 也哉子
  • 出版社/メーカー: リトル・モア
  • メディア: ハードカバー

本日購入したばかりの絵本です。素晴らしいです。

色鉛筆で描かれたイラストが素敵です。

全ページ、トレペ(のようなうすーい紙)が使用されていて

後ろのページが透けて見えるのですが、

その計算しつくされた繊細な重なりに、推薦文どおりホントにため息がでました。

言葉も良いです。

「誰が何人まわりにいようと たったひとりの孤独」

大人が読んでも楽しめるというか、大人向けなのかもしれません。

オススメです。

◎質問者からの返答

え、すごい、見てみたい!(゚゚)

ありがとうございます。


3 ● qjn
●15ポイント

うつくしい絵

うつくしい絵

  • 作者: かこ さとし
  • 出版社/メーカー: 偕成社
  • メディア: 単行本

小学生の低学年のころ祖母から貰い、ダビンチもピカソも同時にこの本で知りました。「見たままに描かれている絵」=「うつくしい絵」ではないという考え方・見方は、その後のものの考え方・見方に対して大きな影響を受けました。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

絵本ってやっぱりプレゼントでもらうことも多いみたいですね(^-^)


4 ● mimibukuro
●25ポイント

ひさの星 (よみきかせ大型絵本)

ひさの星 (よみきかせ大型絵本)

  • 作者: 斎藤 隆介
  • 出版社/メーカー: 岩崎書店
  • メディア: 大型本

スーホの白い馬―モンゴル民話 (日本傑作絵本シリーズ)

スーホの白い馬―モンゴル民話 (日本傑作絵本シリーズ)

  • 作者: 大塚 勇三
  • 出版社/メーカー: 福音館書店
  • メディア: ハードカバー

「ひさの星」

有名どころですが、大好きな絵本です。

岩崎ちひろさんの、透明感のある、寂しげな絵が印象的で

幼い頃からずっと大事にしていました。

幼い子を助けて川に流されたひさが、星となって輝きつづけるという悲しくも美しい物語です。

もう一冊も有名ですが「スーホの白い馬」。

モンゴルを舞台にしたスーホの悲しい物語。

子供の頃は、さっぱり良さが分からなかったのですが、大きくなってから好きになりました。表紙の絵が怖いと思っていて、それが苦手だった原因のようです^^;

読み返すとじんとします。いっしょにいたい、というスーホと彼の馬の切ない気持ちが、大きくなって初めて胸にしみわたりました。

◎質問者からの返答

あ、こんどは2冊、ありがとうございます。

余計なことは書かずにコメント控えめでいきますw


5 ● sanji
●25ポイント

ぐりとぐら [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集)

ぐりとぐら [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集)

  • 作者: なかがわ りえこ
  • 出版社/メーカー: 福音館書店
  • メディア: 単行本

あけましておめでとうございます。bk1からコードが入力できないのではります。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4309903509/hatena-q-22

Amazon.co.jp: きみの行く道: ドクタースース, Dr.Seuss, いとう ひろみ: 本

1冊目:「きみの行く道」作者が子供達(もしかしたら自分の孫かも)を勇気づける為に書いた本です。全体的に語りかけるような感じです。

「大事なのは君のその踏み出す一歩一歩を間違えない事さ」

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4751514318/hatena-q-22

Amazon.co.jp: 木を植えた男: ジャン ジオノ, フレデリック バック, 寺岡 襄: 本

2冊目:「木を植えた男」一人の農夫が不毛の土地から森を蘇らせた話です。実際にあった話をもとにしたそうです。小学校の頃教科書で読んで素直にすごいなと思いました。これを見て環境関係の仕事もいいなと考えました。(一種類よりも雑多な種類の木を植えた方が森の生態を考えるといいのではないのかしらんとか今野暮な事を考えましたが)

今調べたら、宮崎駿監督の話にもこの農夫の事が語られているとかいないとか。本の値段高いですが、イラストが奇麗です。

3冊目:「ぐりとぐら」(画像が出ている奴)カステラがおいしそうだと思いました。小さい頃に何回も見返していました。シンプルで好きです。

◎質問者からの返答

ぐりとぐら、懐かしい!

一冊目のは全然知りませんでした。ありがとうございます


1-5件表示/72件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ