人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

国際運転許可証の質問です。日本の運転免許証(AT限定)を所持しています。これをもとに国際運転許可証を取得しています。国際運転許可証には、AT限定は記載されていません。

そこで質問ですが、海外の一部ではまだマニュアル車が一般的な国(ジュネーブ条約加盟国)での、マニュアル車の運転はどのように判断されるのでしょうか? 当該国での違法になるのか、日本の法律の海外適用になるのか、問題ないのか、警察関係などの公的なところからの見解が知りたいと思っています。


●質問者: gorge
●カテゴリ:政治・社会 旅行・地域情報
✍キーワード:AT ジュネーブ条約 マニュアル車 法律 海外
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● sxw
●0ポイント

http://www.hatena.ne.jp/message?okmsg=%a5%dd%a5%a4%a5%f3%a5%...

はてな


2 ● kukipuri
●0ポイント

http://www.npa.go.jp/annai/license_renewal/japan.htm#

2ページの裏

原則的にはOKのようですが、注意事項にあるように国(州)によっては制限を加える場合があるようで、一概には言えないようですね。

◎質問者からの返答

オートマ限定という言葉を含んだ形での見解のページを探しています。


3 ● chack2004
●20ポイント

http://www.womensdrive.com/woman/sitemap/lecture/vol5/answer.jsp

Women's Drive : ウーマンズドライブ : 運転の基礎知識 -海外でのドライブマニュアル-

私は警察関係者ではありませんが、運転免許センターで国際免許の有効範囲について尋ねたことがあります。

私の場合は、普通二輪免許(当時の中型限定)で海外の750ccのバイクを運転できるかどうかについて尋ねたのですが、その時に、国際免許は日本で分けられている免許種別とは別の基準での分け方で適用されるということを教えてもらいました。

その時に教えて頂いたのと同じ分類表がありましたので参照URLとして紹介させて頂きます。

ご覧頂けるように、国際免許での分類はAからEまでの5つだけの分け方になっており、そのいずれかに属する免許を持っていれば、持っている分類項全ての車両を運転できることになってしまうのだそうです。

しかし、安全を考えれば、今までに一度も操作したことの無いような構造を持つ車両を運転することはお奨めできません。

ですが、法律的には違法行為には当たらないというのが答えです。

◎質問者からの返答

実際問題として、現在マニュアル車を運転していて、普通に運転できています。以前、運転免許センターに私も問い合わせたときに、違法行為として追求することはできないと電話で回答をうけました。

文面での違法行為ではないという、根拠を探しています。

バイクの例も知っています。制限容量以上のバイクの運転をした場合も違法行為にあたらないという根拠の文面があれば、オートマ限定も類推という形になるので、こちらの情報でもOKです。

引き続きよろしくお願いします。


4 ● sami624
●0ポイント

http://www.americaseikatsu.net/interlicense.html

国際免許は「許可証」ですから、不便な面もあります。

→許可をしているだけなので、事故が発生した場合等は、不利になりそうです。こちらの記載の通り、あくまでも一時的な許可証に過ぎないため、継続的に長期間利用する場合は所定の手続きが必要になるということです。よって、一時的にAT車を運転する分には問題ないという判断がなされるだけです。

◎質問者からの返答

国によっては、マニュアル車しかレンタルしていないところもあるので、、、


5 ● BostonLetter
●60ポイント

http://www.hiroshima-cdas.or.jp/home/yuu/kaku21.htm

まず、日本の法律が海外適用になるのは、法律で「海外適用」を明文している場合(刑法など)であり、今回の場合(道路交通法)はその条文はありません。

したがって、運転免許に関しては、その国・地域の法律が適用となり、日本の法律は関係ありません。

http://www.geocities.com/bkkriders/law/unc/road1949.html

そうなると、日本で取った免許は海外では全く使えなくなりますが、これでは不便なので、免許の相互利用を可能とした条約がジュネーブ条約です。条約締約国は、その条文内容を自国の法令において担保することが求められます。

ジュネーブ条約第24条によると、「締約国は、有効な免許証を有しその証明を持つ者に対して、附則9及び10に記載されている自動車区分について、さらなる試験を受けさせること無く、運転を認めなければならない。」とあり、24条の2で「締約国は、国際免許証携帯することを要求することができる」となっています。

附則9及び10の自動車区分とは、お手元の国際免許書の自動車区分のことですが、この区分には「オートマ限定」はないため、普通乗用車の区分(区分B)にサインされることになります。

条約24条によれば、当該区分について更なる試験無く運転が許されるわけですから、条約上はBにサインされている方であれば、マニュアルかオートマかに関係なく、乗用車を運転することには問題ありません。

http://www.dvla.gov.uk/drivers/drvingb.htm

問題は、オートマ限定免許の保有者に対して、各国がさらに義務をかけているかです(条約加盟国が、さらなる義務をかけている場合もあります)。当該国で違法になるか否かは、結局のところ、当該国の法令を読むしかありません。

ところが、ほとんどの国がオートマ限定という概念を持っていないため、当然、明文規定もありません。オートマに関係する法令をざっと調べた限りでは、(オートマ限定区分を有する)イギリスが、カナダに対して制限をかけているようですが、日本を含むその他の国については、”full licence or driving permitを持っていればOK”としています。

以上まとめると、条約上は問題ないはずですし、当該国が日本のオートマ免許保有者に対して特殊な義務をかけていない限り(調べた限りでは見当たりませんでしたが)、違法となる根拠はないと思います。

◎質問者からの返答

詳しい解釈をありがとうございます。違法となる根拠もないけど、積極的に合法であるともいえない、やはりグレーゾーンになるのでしょうね。

日本の法律は海外との事になると規定や想定してないために、いろいろなグレーゾーンでいつも困っていたり、たまには得をしています。

ありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ