人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

昨年、叔父が自殺しました。祖母に生命保険を賭けていたらしいのですが、保険会社は、自殺の免責期間は2年だと言って掛け金(20万円)のみ返還すると言っています。寡聞にして知らないのですが、以前自殺による保険金の免責期間は、1年間だと
聞いたことがあります。多分叔父はそのことを知らなかったのではないかと思います
なにか良い知恵はございませんでしょうか

●質問者: chunpe
●カテゴリ:政治・社会 経済・金融・保険 医療・健康
✍キーワード:保険会社 保険金 生命保険 自殺
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 10/10件

▽最新の回答へ

1 ● impetigo
●20ポイント

http://www.makihon.co.jp/NewFiles/houritu/seiho.html

404 NotFound

仕事柄この様な事例に合ったことがありますが、契約でその様になっていれば仕方が無いのでしょうね・・・

◎質問者からの返答

やはりどうしようもないのでしょうか。ただ叔父

のことを考えますと、さぞ無念だろうと思い。


2 ● hamao
●20ポイント

http://toyro.wombat.or.jp/business/senmonka/houritu9.html

20万円を返すと言ってる所を見ると自殺特約期間が2年ではない可能性もありますね。そもそも保険会社がそんなことを言ってくるのには裏があると考えられます。特約事項を含め契約書を読んでから、まずは法律相談などに行かれることをお薦めします。

◎質問者からの返答

なるほどそういう可能性もあるのですか。ちなみに生保は大手N生命です。


3 ● digipino
●20ポイント

http://www.eonet.ne.jp/~romi/crash/

保険契約は、叔父さんが被保険者で、その母(祖母)が契約者という意味でしょうか?

自殺による保険金の免責期間は、保険会社によって違いがありますが、保険会社が2年だというのなら、それが当該契約の内容でしょう。

死因の自殺というのは、警察で確定したのでしょうか? 不慮の事故死の可能性はありませんか?

もし、不慮の事故死なら、死亡保険金に災害割増がつきます。不慮の事故死について、100%否定できるかどうか調べてみてください。

◎質問者からの返答

契約はそうだと思います。死因はいわゆる首吊り

での窒息ということでした。当初、遺書もなく、

他殺の可能性もあるとのことで、一応捜査などあったらしいですが、残念ながら事件性なしということで自殺と確定したようです。


4 ● snobby
●20ポイント

http://kodansha.cplaza.ne.jp/mgendai/2010/2010_4.html

Monthly GENDAI Internet

こうしたケースでは上記URLのような好条件の保険に切り替えたら、そこから契約期間が計算されていた、という事例まであるようで、保険会社が、契約の際に、自殺の免責期間が二年に延長されたことを説明してたかどうかが焦点になると思います。たぶん約款には書かれているのだとは思いますが、こうした重要な変更について説明しないやりかたは道義的に許されるとは思いません。叔父さまが御存知なかったこと、説明を受けていなかったことを証明する何かの書類はないでしょうか(遺書とか)。

自殺者の増加を受けて自殺の免責が延長されていることは不思議にマスコミでとりあげられていません。わたしも叔母が保険外交の仕事を長くしているので知ったような状況です。こうした不都合な情報を知らせない、という姿勢は企業としても許されないのではないでしょうか?

◎質問者からの返答

なるほど!そういう事例もあるのですね。ありがとうございます。ただ残念なことに、遺書がないのです。保険会社のことばを一方的にきかされてるだけで。


5 ● hiroyukiarita
●20ポイント

http://www.gekiura.com/clnic/karte434.html

激裏情報 クリニック 自殺保険金

保険会社によって違うようです。

確認してみてください。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


1-5件表示/10件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ