人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

正月には「老人がおもちを喉につまらせて亡くなる」という事故が毎年のように報道されます。このような事故がなくなるためには世の中がどうなればよいのでしょうか。

回答の注意◆これだけ毎年報道されても撲滅できないのだから、意識を高めれば良いとかいうだけでは不十分。まじめ回答は必須、ネタ回答も添えてくれると楽しめますが閲覧者に不快感を与えない程度で。URLにダミーを用いる場合は萌えるサイトを(ダミーでないサイトを入れるなら萌えサイトは必須ではない)。あなたの意見でも良いですし、この件について詳細に検討したページが既にあればその紹介でも良いです。

●質問者: popona
●カテゴリ:政治・社会 生活
✍キーワード:URL あなた まら サイト ダミー
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 22/22件

▽最新の回答へ

1 ● hamao
●15ポイント

http://cache.yahoofs.jp/search/cache?u=www.tokyo-eiken.go.jp/../...

Yahoo!検索

「非常に個人的な性格をもつ事故であり,たやすく根絶できるとは考えにくい」と匙を投げてます。ま、事故死の理由はいろいろあらーな。ただ、葬式の予約が大変だから注意はしておかないとね。


2 ● goodjobtou
●15ポイント

http://www.pak2.ein-g.co.jp/oyatsu/oyatsu07.html

除去食おやつ「じゃがいも餅」

餅が伸びるのが問題だと思うんですよ。

伸びない餅を広めるのはどうでしょうか。

例えばURLの様に野菜を練りこんだ餅は北海道でよく食べられていますが、あまり伸びず味や食感はあまり変わらないので代用品としてよいのではないでしょうか。

もしくは、衣服とかと同じ様に食品の嗜好、よしあしも年齢により変わります。

年齢制限をつけてしまうとかどうでしょう。餅は18歳以上60歳以下じゃないとかえないとかです。


3 ● matiki
●10ポイント

http://www.tv-asahi.co.jp/t-site/back/1208.html

1208

お年寄りが餅をのどに詰まらせるのは(1)大きい餅なのに(2)粘着性があって切りにくいから,大きいままで無理に飲み込もうとするからだと思います。そこで,餅メーカーはこの事実を重要視して今後は(1)より小さく小分けした餅を販売するとよいと思います。

もしくは(2)唾液に混ざるとドロドロに溶ける餅を開発するとか。こうなるともう餅ではないですが・・・・。


4 ● shujisi
●15ポイント

http://www7.plala.or.jp/machikun/kyuutaisei4.htm

NOT_FOUND 404

プレホスピタルケアの充実が必要でしょう。

最近救急救命士による気管内挿管の研修が行われるようになり、こういった事故の救命率が上がることが期待されます。

http://www7.plala.or.jp/machikun/kyuutaisei4.htm

NOT_FOUND 404

多くの人がこのような蘇生法を知るようになるためには、やはり義務教育の段階でこうしたことを教えて頂くのが一番かと思います。


5 ● gonzu
●15ポイント

http://www.wakodo.co.jp/world/sukusuku/baby_q03.html

URLにあるようにおもちを小さくすればある程度は防げるんじゃないでしょうか。

そういえば、ミニサイズのおもちは見かけたことないですね。

こんにゃくゼリーでは小さいサイズのが販売されてるのだからおもちでもやってみる業者は出ないのかな。

http://www.kissei.co.jp/press/seg53.htm

何もないかと思って調べてみたら、こういうおもちが売られてるんですね。


1-5件表示/22件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ