人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

あれが今思えば、自分の人生のターニングポイントだったなと思うあなたの決断及びその決断に至る過程を教えてください(詳しく書かれたものには、相対評価で高ポイントをつけます)。

●質問者: tentaku
●カテゴリ:就職・転職 生活
✍キーワード:あなた ターニングポイント ポイント 人生 決断
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 16/16件

▽最新の回答へ

1 ● hiroyukiarita
●6ポイント

http://www.between.ne.jp/grad/

大学に入った時は、大学院へ行こうと考えていましたが、4年になった時には、就職したいと考えるようになり、そのまま現在に至っています。高校の同級生の中には、ドクターコースを出て大学に残り、教授になっている人がいます。IF・・ですが、今の自分にも納得していますので、かまわないのですが・・

この年になって、再度大学院へ行きたいとも考えるようになってきた今日この頃です・・

◎質問者からの返答

そうですか。

ところで以後、コメントをしないこともあります。というのも、よく知らない方に対して、とりわけその方の人生というコメントしづらいものに敢えてコメントするのは場合によっては失礼にあたりますので。

なお、得点を差し上げた結果、他の解答に比べてご自分のそれが相対的に低かったとしても、それは別段、回答者様の決断そのものに評価を加えているわけではないということを念のため申しておきます(基準は、決断についてあくまでも詳しく書かれてあるかです)。


2 ● yacy
●12ポイント

http://www.ryugaku.co.jp/

留学(短期留学から語学留学、大学留学まで)するなら留学ジャーナル

私にとってのターニングポイントは、留学です。

高校のときに、英国に留学しました。

でも高校から留学、というのは結構少数派だしかなり迷いました。

でも「これから英語は絶対に必須だし、まだ脳の成長が

活発なうちに色々吸収したい」という気持ちと、

英語や異文化に対する異常なまでの興味や関心を重要視して、

清水の舞台から飛び降りる気持ちで決断しました。

高校からの留学経験者にも、色々話を聞きました。

その頃はネットがまだ普及していなかったので、

留学カウンセラにもお世話になりました。

もちろん親には反対されましたよ。

でも結局、留学のおかげで自分の生きたい方向に

現段階では進めているので、結果的にはターニングポイントに

なったのでは、と思っています。

多分留学しなかったら、入りたい仕事にも会社にも入つけず、

今頃どんな人生を送っていたか、想像つきません。

多分留学しなかったら、普通の日本の高校に通って、

適当な大学に入って、自分の満足する生活には

ありつけなかったと思います。

◎質問者からの返答

留学。

なるほど。

ところで、1に補足しておきます。

御自分の決断は他人と比べて陳腐かもしれないと思われても、詳しくその内容及び過程を書かれてあることが採点の基準です。たとえ平凡(失礼ですが)なものであっても、その判断を詳しく書いたものであれば、高評価です。


3 ● aswan
●6ポイント

http://tsutaya.hatena.ne.jp/

人力検索はてな

URLはダミーです。

大学の時、ゼミを受講しなかったこと。

当時は、大学にはいったのはモラトリアム期間を満喫するためで、卒業したら何か変わった職につくから全うな道に行くつもりも必要も無し、と思って決めたのですが・

・・。若さゆえのアレですね、今振り返ってみると。


4 ● juzube
●12ポイント

http://homepage.mac.com/

25歳ぐらいの時、なんとなく身を固めたいなと思い始めて、会社で好きだった女性に告白しました。とても親しい友人でしたしあっけらかんとした人だったので、断られるわけでもなく、なんとなく保留という感じでいたのですが、

その人のお父さんが亡くなった時、わざわざ行って泣いてるところを見るのもかえって悪いかと、その人の性格をよく知っているつもりだったのでお葬式に行きませんでした。

が、それがかなり彼女にとっては大きな要因だったようで、それからなんとなく疎遠になり、その後彼女は、会社の私の先輩と結婚しました。

今思えば、あの時お葬式に行っていれば、そして彼女の悲しみなど聞いてあげていれば、少なくとも以前どおりの関係は続いたに違いなく、さらに深まった可能性も大と思います。

そこでもし付き合っていれば、その後十五年ほども彼女なしに過ごすことはもちろんなく(今は同居してますが)、

まして結婚したいと思っていた時期ですから結婚していれば、今の私はないわけです。

つまり、そのように「フリー」が続いたので、会社を辞め独立に踏み切ることができたと思いますし、その結果として、今につながっているのですね。

ということで、あの一時の決断は、私が家庭人間になり会社に勤め続けて普通に人生を終えるか、現在のメディア商売(いわば水商売ですわね)に進み業績をあげるかのターニングポイントだったと思います。

もっと確実に言えるターニングポイントもあるんですが、面白くないので。

というか、ここまで生きてくると、もし東京で育っていたら、受験勉強をまともにしていたら、あの作家に出会ってなかったら、あの会社に入ってなかったら、等々、みんなその後の人生を大きく変えるターニングポイントだったなというのが実感ですねえ。

◎質問者からの返答

何がどういう結論を生むかは、誰にも分からない。


5 ● Yumiko
●12ポイント

http://jiten.www.infoseek.co.jp/Kokugo?qt=%C9%EB%C7%A4&sm=1&pg=r...

ターニングポイントですかぁ... それは今ですかね。

現在仕事の都合でUK暮らしをしています。

きっかけは上司に打診され、そのまま放っておいたら

あれよあれよと言う間に決まってしまって...

決断と言う程の物は何もなかったんです。 だって、

「決まったから」といきなり言われちゃったんです。

(勿論、その後自分でも納得しましたけれども...)

でも元々憧れていた海外暮らしであり、当初は満喫して

いたのですが、現在は慣れきっていて新鮮味が...

この質問を見て、初心を忘れずに頑張ろうと思いました。

何か質問の回答とは外れてしまった感じですが、ようは

自己の決断だけではなく、ひょんな事からもターニング・

ポイントはあると言う事です。 それを受入れるか流され

てしまうかは、本人次第なんでしょうね。

そんな事を年始に気づかせてくれたtentakuさんのこの質問

に感謝致します。 有難うございます。

では

◎質問者からの返答

この質問に偶々めぐりあったのも、Yumikoさんが既に何らかの心固めをしていたからこそ初めて成り立つものではないでしょうか。ご自分で既に分かられていたことなのですよね。

ところで、私もあることを決断中なんですよね。。。岐路の前に立っている気がします。


1-5件表示/16件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ