人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

基本的にアニメ声優として知られている椎名へきるさんて女性がいますが、彼女はこのところ歌手専業に転向、というか声優であった過去を捨てようとしているように見えます。 なんで?どうして?って事で、ご意見を賜りたいのですが。 判断材料のΓ?[スが明確・かつ論理的であれば私見で結今?ナす。それと今携帯で見てますんで、携帯で見られないURLを引用される場合は簡単な解説を添えて頂けると助かります。 いつも変なコトばかり訊いてゴメンナサイ(携帯非対応ページ可)

●質問者: hogemogepu
●カテゴリ:生活
✍キーワード:URL アニメ声優 声優 女性 対応
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● chocoholic1
●15ポイント

http://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/Hekiru/

Hekiru Shiina Official Homepage

公式サイトです。(ソニーミュージック)

http://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/Hekiru/

Hekiru Shiina Official Homepage

バイオグラフィに93年声優デビューと明記してありますので捨てようとしているというのは考えすぎでは?(捨てたい過去なら公式プロフィールから消す事もできますし)

またデビューのくだりには、『周りの大人に「だまされて」いやいや』とありますが、下のほうにロックが好きとも書いてあるので、もともと音楽は好きだったのでデビュー後音楽活動のほうが楽しくなったのでは?(これは私の推論に過ぎません。ちなみに私は椎名へきるさんの存在は知っていますが、アニメにも声優にもまったく興味がありませんので、あまり主観は入っていないと思います。)

http://www.hequil.com/

椎名へきる / Hequilers Com

こちらはファンサイトのメディア出演情報のページ去年2004年いくつかのDVDで声優をされているようです。求めていた答えと違うならもちろんポイント不要です。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

webでインタビュー記事を何度か目にしたのですが、声優としての経歴にまったく言及していない感じ

だったんですね。そこで気になったんですが。


2 ● hamao
●15ポイント

http://www.yomiuri.co.jp/junior/articles_2000/000213.htm

声優になりたい!という記事にもかかわらず、「顔の見えない声の俳優から、歌手やタレントヘと活躍の場も広がって」なんて真逆な記事があります。顔出しするタレントや歌手の方が上であると言う漠然とした序列がやはりあるのでしょう。

産業規模もCDの方が大きいので、この世界で残れる限り残りたいという本音もあるのでしょう。

もともとミュージカル女優を目指していた方ですしね。

http://www.ocv.ne.jp/~cozy/qa01.html

「転身とはっきり言われてしまうと・・・キツイ。ぼくは声優も役者の仕事の一つと考えてます。チャンスさえあれば、舞台もやるし、映画やドラマの顔出しもやりたい」と思いっきり本音を吐露される声優の方もいますし。

◎質問者からの返答

彼女に関する記事ではないですが、まあ、その、ありがとうございます。


3 ● hot_coffee
●15ポイント

http://moura.jp/clickjapan/moejpn/

萌え、オタク|萌え萌えジャパン [書籍]

椎名へきるの紹介に、

『声優業もアーティスト、椎名へきるの一表現であるという路線を確立した人。』

とあります。

私たちに歌手専業に転向してるようにみえても、必要であればいつでも声優やったり、ほかのこともするんじゃないでしょうか。

◎質問者からの返答

普通に考えれば、そうなると思うんですが、どうなんでしょうねえ。


4 ● こくぶんまさひろ
●25ポイント

http://www.google.co.jp/

Google

URL はダミーです。

(根拠となる Webpage はないのですが、一応、 10 年間彼女のファンを自称してきた者として、記憶を元に回答させて頂きます)

どのインタビュー記事を見て、「声優であった過去を捨てようとしているように見え」たのかは判りませんが、確かに最近のインタビューでは、ほとんど声優業について言及していないかもしれません。

ただ、その原因の多くは、周り(スタッフとか事務所とかインタビューの方針とか)にあると思いますので、「言及なし」=「抹殺」とは一概には言えないのではないでしょうか。

ちなみに、先日のライブでも、自分が「『歌手』ではなく『声優』である」という事をはっきりと言っていましたので、少なくとも彼女自身は「声優であった過去を捨てよう」とまでは思っていないのではないかな、というのが私の結論です。

……どうでしょうかね。

◎質問者からの返答

ああ、そうなんですよ。そうなんです。

やはりこう、周囲がそういう方針で売りに出しているのかな、と愚考するわけです。

そのへんは質問文に織り込んでませんでしたね、失礼しました。

で、そんな中でライブ中にそのような言及があったとのご証言は非常に興味深いのですが、実際に今後

声優業にどう携わっていくのかが気になる所です。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ