人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ゲーテの『ファウスト』と手塚治虫の『ネオ・ファウスト』あるいは竹宮恵子の『わたしを月まで連れてって』のように、原典があって、原典を読んでいた方が楽しめる漫画(あるいは、言及されている小説を知っていると楽しめる漫画)を募集します。

<参考URL>http://www.hatena.ne.jp/1103466710

なお、今回は漫画に限ります(活字好きの方ゴメンナサイ)。また、漫画をネタにした漫画というのも御遠慮ください。単なる原作を漫画化したものもポイント対象になりません。あくまで、良く知られた小説が基礎にあって、それを知っていると面白い漫画を教えてください。

●質問者: snobby
●カテゴリ:書籍・音楽・映画
✍キーワード:URL ゲーテ ネオ ネタ ファウスト
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 26/26件

▽最新の回答へ

1 ● musamusa
●5ポイント

PLUTO (1) (ビッグコミックス)

PLUTO (1) (ビッグコミックス)

  • 作者: 浦沢 直樹
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • メディア: コミック

浦沢直樹「プルートゥ」です。

手塚治虫の「鉄腕アトム」の一エピソードを元に

ミステリータッチに書かれた作品です。

◎質問者からの返答

ごめんなさい、「漫画をネタにした漫画」はだめなんです。


2 ● sobo
●12ポイント

http://www.fitweb.or.jp/~n-taka/housinengi.html

封神演義

やはり藤崎竜の「封神演義」でしょうか。

そのまま中国古典の封神演義が元ネタですが、

内容はだいぶ変わってます、特に後半は藤崎氏が暴走してます。

…前半から原作通り描く気はなかったようだけど。

◎質問者からの返答

はー、これは原作を読むのがしんどそー。

もうちょっとポピュラーなものを希望します。


3 ● db3010ss
●12ポイント

http://www.littera.waseda.ac.jp/major/hyougen/graminees/backnumb...

ナニワ金融道 (1) (モーニングKC (254))

ナニワ金融道 (1) (モーニングKC (254))

  • 作者: 青木 雄二
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • メディア: ?

ドストエフスキー「罪と罰」と青木雄二「ナニワ金融道」あるいは手塚治虫「罪と罰」

青木雄二氏は生前、『ナニワ金融道』は『罪と罰』の影響を受けている、と再三主張していたそうです。

◎質問者からの返答

晩年の青木雄二氏の著述を読むとナットクがいきます。

こういう感じの回答で御願いします。

なるべく長く続けますので。


4 ● sanji
●12ポイント

イエス

イエス

  • 作者: 安彦 良和
  • 出版社/メーカー: 日本放送出版協会
  • メディア: コミック

人間としてのイエスは実際にはどういうだったのか?

というのを書いた話。聖書をちょっとでも見てからじゃないと分からないと思いますが。(…こういうのはだめなんでしょうか?)

◎質問者からの返答

いや、いいですよ〜。『虹色のトロツキー』その他で歴史物の実力を示した安彦良和さまですので、未読ですが単純な福音書をなぞったものと思えないし。

マイケル・ムアコックの『この人を見よ』みたいなかんじなのかな?

これは読んでみたいとおもいます!!


5 ● phase-d
●12ポイント

バガボンド(20)(モーニングKC)

バガボンド(20)(モーニングKC)

  • 作者: 井上 雄彦
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • メディア: コミック

宮本武蔵〈1〉地の巻

宮本武蔵〈1〉地の巻

  • 作者: 吉川 英治
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • メディア: 単行本

源氏物語 (第1巻) (SCオールマン愛蔵版)

源氏物語 (第1巻) (SCオールマン愛蔵版)

  • 作者: 紫式部 江川 達也
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • メディア: 単行本

ベストセラーで、話題にもなっていますが、井上雄彦の「バガボンド」と吉川英治の「宮本武蔵」。

原作とは切り口が違うので面白いんじゃないでしょうか。

それから江川達也の「源氏物語」。これはむしろ「国語の教科書で原典を読む必要がなくなる」という方が正解かもしれません。

原文もほぼそのまま引用してますし、エロマンガとしての実用性も(ぉ

◎質問者からの返答

江川達也の『源氏物語』はちょっと反則ぎみですが、あの読みにくい話をエロマンガ((゚∇゚ ;)にしちゃうと、けっこう読むかも〜と思うと落とせませんね。

「バガボンド」はたしかに新解釈・宮本武蔵で、先の展開が楽しみです。


1-5件表示/26件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ