人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

香港の特別行政区(HONG KONG SAR)
と日本の法律は違うのですか、調べてください。

●質問者: haruomi
●カテゴリ:ビジネス・経営 芸術・文化・歴史
✍キーワード:法律 特別行政区 香港
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● purewing
●25ポイント

http://www.hketotyo.or.jp/basiclaw01.html

日本の法律とは違うのか・・・というのはどういったことになるのでしょうか?

日本とアメリカとでも法律が違うように、そもそもが違う国ですから違って当然だとは思うのですが。

ある特定の部分に関しての法律、というのならもっと明確な答えも出るでしょうけれども、この質問の内容でしたら答えは「違う」と言う事にしかならないと思うのですが・・・。

◎質問者からの返答

質問の仕方が悪いですね、つまりある中国の製造メーカーと企業提携しました(5年目)が今回色々あり、HONGKONG SARを調べているわけです


2 ● edujp
●25ポイント

http://www.discoverhongkong.com/jpn/

Discover HongKong - 香港政府観光局による公式トラベルガイド

入出境時の外貨の持ち込み、持ち出しの制限はなく、申告制度もありません。通貨の換金は、市中の銀行、ホテル、両替商で自由にできますが、換金場所によってレートが異なります。一般に空港の両替所の換金率は悪いとされています。

麻薬、ピストル等の持ち込み、持ち出しを厳しくチェックしています。時計、ハンドバッグ等の模造ブランド品についても、持ち込み、持ち出しの取り締まりは厳しく実施されています。

http://www.albsasa.com/

Albert佐々木のいきいきランド〜ォ!

ヘロイン、覚醒剤、大麻等の輸出入、販売、所持は一切禁じられています。これらの違反に対してはかなり厳しい処罰が科せられます。○最近の事例で、少量の覚醒剤所持又密輸をしようとした罪で長期の刑期(25年や14年8か月等)の実刑判決が出ています。

長期滞在者が滞在中に勤務先を変更する場合、あらかじめ、香港特別行政区の入境処(Immigration Department)に申請し許可を受けてから新しい仕事に就かなければ、不法就労として罰せられます。不法就労が発覚した場合は、罰金、強制退去等厳しく処罰されます。

常時、身分を証明する書類を携帯することが義務づけられています。長期滞在者の場合は香港特別行政区政府発行の身分証明書(IDカード)、旅行者の場合は旅券の写し(オリジナルは、紛失を避けるため、できるだけホテルのセーフティーボックス等の安全と思われる場所に保管することが望ましい。)を必ず携帯する必要があります。

http://members.jcom.home.ne.jp/take-kin-hk/

ポルノ写真や猥褻な描写のある漫画等が掲載されている出版物は、取締りの対象となっています。また、映画についても猥褻な場面のフィルムはカットされます。

買・売春と賭博は違法となっています。

2001年1月1日から交通安全規則が強化され、タクシーを含む乗用車に乗車する際は、後部座席も含め、全員シートベルトを着用することが義務づけられました(シートベルト非装着車を除く)。シートベルトを着用しない場合は、最高HK$5,000の罰金及び懲役3か月の実刑が科されます。

2003年6月26日から、香港の公衆の場所で(イ)ごみを捨てる、(ロ)つばを吐く、(ハ)広告ポスターの不法貼、(ニ)犬の糞便で街路を汚す、などの者に対し定額罰金(HK$1,500)が科されます。

模造ブランド商品や違法CD-ROMの商標権・意匠権・著作権を侵害するような行為(違法商品の製造・所持・販売・購入等)は、法律により禁じられており、最高HK$50万の罰金もしくは最高8年以下の懲役刑が科されます。

◎質問者からの返答

もっ少し合弁企業間トラブルまた体験談ないですか

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ