人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

高濃度(3mg/ml)以上のコラーゲン溶液の濃度を測定するのには、どういった方法があるのでしょうか。
一般的なタンパク質定量法では、調べた限りでは低濃度(〜1mg/ml)までしか測定できなそうなのでが・・・(素人なので勘違いかもしれませんが)。
宜しくお願いします。

●質問者: shibui999
●カテゴリ:医療・健康 科学・統計資料
✍キーワード:ML コラーゲン タンパク質 勘違い 素人
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● oh_bucchi
●10ポイント

http://www.funakoshi.co.jp/h_news/0411/041129_QBSs.php

URLはダミーです。

希釈をして測定すれば、「一般的なタンパク質定量法」で測定可能です。測定したいコラーゲン溶液を10倍に希釈(例えば、3mg/mlコラーゲン溶液1mlに水を9ml加え、良く混合する)すると、0.3ml/mlとなり、定量可能です。測定値を10倍すると、もとの濃度がわかります。尚、化粧品や食品など、他のタンパク質も含まれている場合は、「一般的なタンパク質の定量法」では正確な測定値を出すことは難しいと思われます。その場合は、URLのような、コラーゲンのみを特異的に検出する測定キットがありますので参考にされると良いかと思います。


2 ● oh_bucchi
●10ポイント

http://www.yahoo.com/

Yahoo!

希釈の方法ですが、粘性が高いものでしたらピペットなどを使わず、例えば、1gのコラーゲン溶液を薬さじなどでビーカーにはかりとり、80ml程度の水で希釈する。撹拌して均一になったら、メスシリンダーで100mlに合わせる。これは100倍希釈したことになりますが、0.03mg/ml(300ppm)でも、たいていの測定法で定量可能です。


3 ● jesqa
●10ポイント

http://www.jp.mt.com/seihin/kagaku/top_tenbin.html

粘性が高い液体は、体積で測り取るよりもむしろ、重さで測り取ります。これぐらいの希薄溶液(ただし粘性はある)なら、1グラムで1mlと見なしてかまわないです。


4 ● CaT
●10ポイント

http://www.sia.go.jp/

社会保険庁


5 ● blueberryjam
●25ポイント

http://www.hatena.ne.jp/1105169985#

人力検索はてな - 高濃度(3mg/ml)以上のコラーゲン溶液の濃度を測定するのには、どういった方法があるのでしょうか。 一般的なタンパク質定量法では、調べた限りでは低濃度(〜1mg/ml)ま..

希釈して測定して、その後計算したらいいのでは?

例:10倍希釈して、10倍する。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

ズブの素人に教えていただきありがとうございます。

そうすると、高濃度溶液の容量がわかっていないといけませんか?

かなり粘性が高く、ピペットなどでは正確に秤量できません。


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ