人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

デリバティブ取引、先物取引、オプション取引についての質問です。

以下に当てはまるかたの意見をお待ちしています。ポイントは最高1万ポイントまで発行します。

1,デリバティブ関係についての書籍で わかりやすいものを知っているかた

2,実際にデリバティブをしているかたのブログ、HPのアドレスを知っているかた

3,オプション取引について、保険掛け捨て的なヘッジをしたいのですが、その詳細な説明がある

書籍または、HP

4,一年間で、日本株の売買で1億円近くのキャピタルゲインを得たときに、タックスヘブンを使った節税方法を

詳しく説明できるかた。

5,わかりやすく金融情報全般を説明してあるHPや、書籍を知っているかた

6,アジア通貨危機全般について、わかりやすく説明してある書籍を知っているかた

7,現在、あなたが余裕資金を2億円持っていたら、どのような投資をしていって、1年後に最大どれくらいの税引き後利益が残せるかを説明できる人

●質問者: kenpo43
●カテゴリ:ビジネス・経営 学習・教育 経済・金融・保険
✍キーワード:Hp あなた いもの いるか アジア通貨危機
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 10/10件

▽最新の回答へ

1 ● sandaler
●22ポイント

Amazon.co.jp: 金融工学を勉強しよう: 足立 光生: 本

「金融工学を勉強しよう」

オプション取引などの仕組みが分かりやすく解説されています。

まず最初に勉強すべき本だと思います。

◎質問者からの返答

ありがとうございました。立ち読みしてみます。


2 ● hamao
●22ポイント

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/453213210X/hatena-q-22

Amazon.co.jp: 実践ヘッジファンド投資―成功するリスク管理: バージニア・レイノルズ パーカー, Virginia Reynolds Parker, 徳岡 国見: 本

3についてですが、ありきたりの入門編です、

http://www.richworld.com/tanimoto/incorporation.html

4についてです。うちの妹が同様の方法で飛ばしてます

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4250204316/hatena-q-22

Amazon.co.jp: 現代東アジア経済の展開―「奇跡」、危機、地域協力: 西口 清勝: 本

6についてです。青木なので左よりなのが微妙に本文に出ていますが…

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4766410688/hatena-q-22

Amazon.co.jp: アジア金融危機とマクロ経済政策: 吉野 直行: 本

は学術的にはいいんですけど、本としての面白みが無かったです

◎質問者からの返答

アマゾンで、ウィッシュリストにいれてみました。


3 ● yo_co
●22ポイント

http://kabu.staba.jp/

株カフェ・ジャパンプレス - 株コラム・ニュース

ここのサイトは全般的に情報あります。

◎質問者からの返答

とても有益なページをありがとうございました。


4 ● ytakan
●22ポイント

http://www.oxclub.co.jp/tatsujin/

デリバティブの一種カバードワラントのHPです。

作者さんのブログもあります。

カバードワラントとは、株式や株価指数の「買う権利」(コールオプション)や「売る権利」(プットオプション)を証券化した商品。

◎質問者からの返答

ありがとうございました


5 ● sami624
●22ポイント

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4532131561/hatena-q-22

Amazon.co.jp: 証券投資論: 榊原 茂樹, 浅野 幸弘, 青山 護, 日本証券アナリスト協会: 本

1.こちらは証券アナリストのテキストです。資金運用については、低リスク商品と高リスク商品の双方を保有することで、リスク収益バランスを図る仕組みの説明から、リスクヘッジの方法まで、基礎から応用に至り説明しています。

→この書籍を理解できれば証券アナリストになれます。私も資格保有者です。

http://members.goo.ne.jp/home/eihan1022/main

2.こちらは証券マンの日記です。多少参考になるでしょう。

3.オプションについては、先ほどの書籍のデリバティブの欄に記載されています。こちらの最初に記載されているオプションの絵画該当します。

http://www23.big.or.jp/~pepsi/tax.shtml

キャピタルゲイン課税について

基本的にはないですね。それだけ多額の利益を計上すれば、税務署が血眼になり調査をするので不可能です。よほどグレーな税理士でも顧問契約をしない限り不可能です。

http://www.nikkei.co.jp/

NIKKEI NET(日経ネット):日経の最新ニュースを速報

5.どの程度の内容を望んでいるのか分かりませんが、日経の株式投資欄で十分ですね。機関投資家であるなら別ですが。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4492442235/hatena-q-22

Amazon.co.jp: アジア通貨危機の経済学: 近藤 健彦, 林 康史, 中島 精也, ワイス為替研究会: 本

6.こちらなど如何でしょうか。

7.50百万円を定期預金・中期国債ファンドで運用し、70百万円を国内株式で運用し、40百万ずつを海外の債権投資信託・株式投資信託に分散投資をします。基本的にリスク商品の収益は長期でないと安全資産の運用実績を超えないため、1年間ではたいした収益を獲得する事は出来ないでしょう。最低でも7〜8年のタームは必要であり、一般的には10年のタームですね。

◎質問者からの返答

全て参考になりました。あなたのような回答が数百円で頂ける時代に感謝です!


1-5件表示/10件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ