人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

会社の現状をいろんな角度から分析したいと思っています。専門家に頼むのではなく、素人なりにやってみたいのですが、参考になるようなサイトがあれば教えて下さい。

●質問者: funaken
●カテゴリ:ビジネス・経営 科学・統計資料
✍キーワード:サイト 会社 専門家 素人
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 9/9件

▽最新の回答へ

1 ● jinmenboku
●10ポイント

http://www2.ocn.ne.jp/~gunippan/bunseki/bunseki.html

経営分析コーナー

こういったものは初歩的過ぎるのでしょうか?

でも指標をいろいろ知れるのは勉強になります。

http://www.zeirisi.com/kyousitsu/keiei/keiei-index.htm

税理士酒井邦浩の「経営教室」-酒井税務会計事務所-

これも簡単すぎるかも。

不適切だったらごめんなさい。


2 ● ma_kaiji
●14ポイント

http://ir.nikkei.co.jp/comp_search.asp

こちらのサイトの会社比較を使えば、さまざまな企業の経営指標を過去3年くらいは比較することができます。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。ただ、まだ株式公開していない会社なので、そういう場合は別の分析方法が必要だと思うんです。財務諸表の分析もそうですが、それ以外にも会社を分析する方法論や事例が欲しいです。


3 ● impetigo
●14ポイント

http://www.pref.okayama.jp/somu/gyokaku/3jigyokaku/iken-kinmu.ht...

硬すぎ

◎質問者からの返答

あまり参考にならないような…


4 ● impetigo
●14ポイント

http://www.b-post.com/info/info_index.html

ビジネス情報

非常に漠然とした御質問ですが・・

先程は「会社」-「社会」間違えました

◎質問者からの返答

漠然とした質問ですみません。

例えて言うなら、経営コンサルが100人程度の規模の企業をトータル診断する時に使う「王道」というか基本ツールのようなものに、どんなものがあり、それによってどのようなことが分かるのか、というようなことが書かれているようなサイトなり本があればぜひ読みたいな、と思ったわけです。

虫のいい質問ですみません・・・


5 ● きょくせん
●14ポイント

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569573169/hatena-q-22

Amazon.co.jp: 決算書がおもしろいほどわかる本―損益計算書・貸借対照表からキャッシュ・フロー計算書まで (PHP文庫): 石島 洋一: 本

資本回転率って見方がありましたね?

http://www.h7.dion.ne.jp/~shindan/

中小企業診断士への勉強

中小企業診断士と言う資格があります。

このあたりから眺めてみると言う手もあります。

私が勉強していた頃とは変わったもので内容はちょっと解説できる立場に無いです。

http://www.nri.co.jp/opinion/r_report/m_word/position.html

経営用語の基礎知識

競合他社と対して自社がどのような位置にいるのかということを考えると言う点で、ポジショニングを行うと言うやり方もありますね。

http://www.interscope.co.jp/method/a07.html

これは缶コーヒーのポジショニングの例。

数人で集まって、たとえば機動力とか、財務力とか。商品力とか。貴社がどういった会社か存じ上げませんのでどんな要素を軸に置くかは考えてみてください。

◎質問者からの返答

いろいろと有り難うございます!

勉強してみます。


1-5件表示/9件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ