人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

会社の現状をいろんな角度から分析したいと思っています。専門家に頼むのではなく、素人なりにやってみたいのですが、参考になるような書籍があれば教えて下さい。できるだけ実践的なものが嬉しいです。紹介下さる方は、本の中身についても少し触れて下さい。

●質問者: funaken
●カテゴリ:書籍・音楽・映画
✍キーワード:会社 専門家 書籍 素人
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 16/16件

▽最新の回答へ

1 ● nishiyu
●13ポイント

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569637515/hatena-q-22

Amazon.co.jp: スリッパの法則 - プロの投資家が教える「伸びる会社・ダメな会社」の見分け方: 藤野 英人: 本

こちらなどはどうでしょうか

株が主な題となっているようですが いい会社 だめな会社の見分け方がわかる本です

レビューがサイトに書いてありますので ご参考に

◎質問者からの返答

ありがとうございます。読んでみます。

ただ、まだ株式公開していない会社なので、そういう会社を分析するにはもう少し違ったアプローチがいると思うんです。


2 ● gutenmorgen
●13ポイント

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4817102926/hatena-q-22

Amazon.co.jp: 現状打破・創造への道―マネジメントのための課題達成型QCストーリー: 狩野 紀昭, 日科技連QIP研究会: 本

このような本は如何でしょうか?以下内容説明

現状打破・創造への道―マネジメントのための課題達成型QCストーリー

「21世紀における企業の生き残りならびに雇用確保を図るためには、既存システムの現状打破、新規の製品・サービス・事業の創造の方向での経営戦略の策定・実践が必要である。課題達成のための標準的なアプローチを提唱。」

◎質問者からの返答

あれ?


3 ● ma_kaiji
●13ポイント

Amazon.co.jp: 戦略財務会計: 西山 茂: 本

具体的な企業比較、それぞれの会計指標のもつ意味について、初心者にもわかりやすく書かれている。これから会計・財務を勉強しようとする人向け

◎質問者からの返答

amazonのレビューではいまいちの評価ですが、ちょっと探してみます。


4 ● hiroyukiarita
●13ポイント

http://www.nikkei-nbsonline.com/course/kouza_xavr0001.html

eラーニング 日経ビジネススクールオンライン講座 │開講講座紹介│実践・経営戦略入門

Excelでマスターする ビジネスデータ分析 実践の極意

Excelでマスターする ビジネスデータ分析 実践の極意

  • 作者: 住中 光夫
  • 出版社/メーカー: アスキー
  • メディア: 単行本

Excelでマスターする ビジネスデータ分析 実践の極意

です。

excelを用いて自分の会社の分析をすることによりビジュアルな経営分析ができます

住中先生のHPです。

http://www.microsoft.com/japan/office/previous/xp/suminaka/defau...

Microsoft Office - 以前のバージョン - Office XP - 利用ガイド - 住中先生の Web セミナー

URLのようなものもあります。

とにかく自分で、数値やグラフで看ることからスタートすれば、後で、経営コンサルタントや税理士と話す時にも、データの裏付けができると思います。

◎質問者からの返答

なるほど、確かにそうですね。ありがとうございます!!


5 ● garyo
●13ポイント

http://www.seikei.co.jp/danger.htm

信用調査会社 (株)セイケイデータ【こんな会社が危ない!!】

信用調査マン日誌―プロが教える情報収集術と企業分析法

信用調査マン日誌―プロが教える情報収集術と企業分析法

  • 作者: 石倉 潔
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • メディア: 単行本

何の目的で何を調査するのかがわかると、回答の精度が良くなるかもしれません。

例:

a)株式投資目的で投資先の会社の状況を調べる(これはなしですね)

b)就職先の会社の信頼性や成長度を予想する

c)取引先の会社の信頼度を予測する

d)自分の会社の現状を調べる(業界のどのくらいの位置にあるのか、不採算事業は何か、問題点の解決にはどうしたらいいか)

e)自分の会社の信用度を調べる(倒産しないかどうか)

最終的には経営分析と信頼度調査のノウハウ集になるかもしれませんが、目的によって紹介すべき本も変わってくるのではないでしょうか?

>?代表者がいつも不在。(居留守を使う)

>?支払日の約束が守られない。

>?会社の内容が不透明で秘密主義。

(例:自分の会社の代表者名や住所が回答出来ない。)

以下略

>倒産までの一般的な傾向

>●現金回収を目的とした安売りを始める

>●交際費を手形で支払い始める

>●小口の手形も切り始める

以下略

◎質問者からの返答

基本的には、d)「自分の会社の現状を調べる(業界のどのくらいの位置にあるのか、不採算事業は何か、問題点の解決にはどうしたらいいか)」です。経営分析はもちろんですが、会社の社員体質や企業文化についても分析をしたいと思っています。そういう意味で、通り一遍の分析ではない本があれば嬉しく思っています。


1-5件表示/16件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ