人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

85年のスーパーマリオブラザーズって何であんなにヒットしたの?家庭用ゲームで出した意味とか、アーケードゲームではいけなかったのか?とか。よろしくです。

●質問者: sana0122
●カテゴリ:コンピュータ ゲーム
✍キーワード:アーケードゲーム ゲーム スーパーマリオブラザーズ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 7/7件

▽最新の回答へ

1 ● 有我悟
●80ポイント

http://www.hatena.ne.jp/1105453936#

人力検索はてな - 85年のスーパーマリオブラザーズって何であんなにヒットしたの?家庭用ゲームで出した意味とか、アーケードゲームではいけなかったのか?とか。よろしくです。..

urlダミーです。

当時、ゲームセンターはイコール不良の行くところ、と言うのが未だ根強かったことがあります。当時小学生でしたが、ゲーセンに行くのは怖かったですし、少なくとも私は親には内緒でした。

ファミコンブームが徐々に浸透しつつあったところの起爆剤として、当時では比較的長時間プレイできるゲームであったこともあげられるかも知れません。

あの当時、あれほどの規模の(今にして思えばそんなに大きくはないでしょうが)ゲームはコンシューマー機にはありませんでしたから、ゆっくり、家で取り組めるタイプのゲームの走りであったと言えるでしょう。む、ゼビウスみたいなシューティングもあったかな? ただ、マリオはそのグラフィックなどからしても、シューティングゲームなどに比べて、特定の層に取っつきやすかったと考える事も出来ます。

ゲーム性の奥深さ、クウォリティ、そして様々なバグ技など「何度でも遊べる」「秘密要素の多さで引っ張れる」という点が強かったんじゃないかと思います。今みたいに発売後直ぐに攻略本が発売されるという状況ではありませんでしたし。

◎質問者からの返答

なるほど!!

子どもがゲーセンに行きにくかったってのは、考えつかなかったですね。

参考になります。


2 ● astral_box
●10ポイント

http://homepage3.nifty.com/tmserv/history_g.htm

1983年にファミコンが発売され、ちょうど家庭に浸透してきたところに発売されたのもヒットに繋がったのではないでしょうか?

http://www.geocities.co.jp/Playtown/4007/phy07d.html

任天堂の歴史

【 ディスクシステム 】

ファミコン発売から2年-1985年の半ば-任天堂は、ソフト容量の増大化と半導体価格の上昇からカートリッジの値段が上昇してしまうことに危機感を抱いていた。

の辺りに書いてあるようなこと、時代背景も関係しているのかもしれません。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%B...

スーパーマリオブラザーズ - Wikipedia

◎質問者からの返答

浸透してきたところに、イイ感じのソフトが現れたってんで、飛びついた?


3 ● morningrain
●20ポイント

http://www2s.biglobe.ne.jp/~fc-kawa/t-kawa.htm

スーパーマリオ特殊研究

ちょうどスーパーマリオがでたとき小学生でしたけど、URLのページなんかにあるように、とにかくいろんな技とか、隠れステージとか(土管の中に入れる)とか、秘密のワープゾーンとかに夢中になりました。そのへんのいろいろな遊び方を許容する深さ、みたいのものが今までのゲームとは違っていたと思います。

http://www.nintendo.co.jp/

任天堂ホームページ

なぜ、アーケードではなかったかという点については、スーパーマリオをつくったのがファミコンをつくっていた任天堂だからですよね。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%BB%E5%A4%A9%E5%A0%82

任天堂 - Wikipedia

アーケードゲームからは1985年に撤退しているようです。

◎質問者からの返答

え、任天堂撤退してたんだ。

やっぱり隠れ要素って大切ですよね。


4 ● AROA2005
●30ポイント

http://www.nintendo.co.jp/ngc/sms/history/sm1/

スーパーマリオブラザーズ

当時のゲーム業界は「任天堂の一人勝ち」だったような記憶があります。

アーケードゲームと言っても「インベーダー」とか「四人打ち麻雀」などが普通に置いてあった時代だった気もします。

(記憶違いだったらすみません)

特徴としては「マリオがジャンプする」というのが当時は画期的な動きだったようで、その真新しさと操作の難しさから子供達がのめりこんだようです。

自分もその一人ですが。

そしてドラクエなどでお馴染みの「お姫様を助け出す」という設定がこのスーパーマリオから始まったとのことです。

当時の子供達には上記のような斬新かつ画期的な要素がふんだんに盛り込まれていたというのが爆発的なヒットを生み、当時の任天堂が喜び組になった要因ではないでしょうか?

◎質問者からの返答

王道パターンをつくった上に画期的なシステムか・・・。

子どもに受けたのが最大の勝因なんでしょうか。


5 ● TomCat
●10ポイント

http://www6.airnet.ne.jp/hikaru/nintendohistry06.html

Happy Today

どうも歴史の真実は、

なぜアーケードではいけなかったのかではなく、

小学生をターゲットとした家庭用ゲーム機だったからヒットした、

ということのようです。

大胆なコストダウンで

小学生がねだって買ってもらえる上限の

一万円という価格ラインを設定して作られたハード。

ここに乗せるゲームだったからこそヒットした、

ということでしょう。

当時小学生だった人はみな、

小銭の減るのを心配せずに

思う存分楽しいゲームがプレイできる。

ここに憧れたはずです。

当時の任天堂は、そのターゲットたる

小学生に対するアピールも上手でした。

テレビ番組などを上手に使ってブームを盛り上げ、

「楽しいファミコンの音楽」と銘打ってCDまで出していました。

マリオ。売れたわけです。

乾いた土に水が染み込むように

市場がそれを求めていたのですから。

◎質問者からの返答

小学生がターゲットとして作られた・・・。

人口とかそんな問題も含まれているんでしょうか?


1-5件表示/7件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ