人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ボランティアで海外の子供たちに日本の絵本を現地の言葉に訳して、数十冊あげようとおもっています。そこで、問題になってくるのが著作権がらみのことだとおもうのですが「絵本を翻訳して海外に寄贈する」と云うときに参考になる情報、特に著作関係の情報を載せてあるWEBサイトを教えてください。

●質問者: hir0
●カテゴリ:政治・社会 芸術・文化・歴史
✍キーワード:webサイト ボランティア 子供 海外 絵本
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● hamao
●18ポイント

http://www.jca.apc.org/sva/ehon/question/

私が参加している団体と極めて友好的な団体の活動です。著作権そのものは気にしませんでしたが、気になるのでしたら普通に出版社に聞いたほうが良いと思いますが。そもそも判例が無く、解釈しかなさそうなので、いろいろな説が出ても学説の一つのという意味しかないと思います。

◎質問者からの返答

成る程。ありがとうございます。


2 ● tsubasa
●18ポイント

http://www.cric.or.jp/qa/qa.html

著作権Q&A

著作権には「著作者人格権」と「財産権としての著作権(乱暴に説明すると、他人に譲りわたして対価を受ける権利)」があります。これらは、それぞれこまかく分けられて(翻訳権、出版権、放映権、パブリックなネットワークにアップロードする権利)『支分権』と称されています。原作者に承諾を得て翻訳にとりかかっても、支分権としての翻訳権をどこかよそで持っていたりすると、翻訳ができないこととなります。

著作権情報センターに著作権 Q&A があるのでご参照ください。

http://www.alc.co.jp/crr/guide/shigoto/agent/

リテラリーエージェントになる:スペースアルク

この URL は直接関係ありませんが、リテラル エージェント(著作権や翻訳権のコーディネーションをして利益を得る会社)の説明があります。日本ではタトル・モリエージェンシーの名前をよく聞くような気がします。

http://www.nichigai.co.jp/translator/column/inside-trans.html

翻訳権のやりとりの内幕だそうです。

◎質問者からの返答

参考になります。ありがとうございます。


3 ● MOHI
●17ポイント

http://www.jrrc.or.jp/profile/index.html

んー・・・難しいので多くURL書きます!

http://www2.e-net.or.jp/~maasa/

詳しく載っていないし、絵本の出版社に問いただしたほうがよいかと思います!

◎質問者からの返答

ありがとうございます


4 ● wintertree
●17ポイント

http://www.bunka.go.jp/8/2/VIII-2-C.html

このような場合には大丈夫なのだそうですが、やはり翻訳して配るとなると出版社に相談した方がいいと思います。

◎質問者からの返答

なるほど…。ありがとうございます

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ