人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

のっかりはてなのアイディアが樋口健夫さん(「稼ぐ人になるアイデアマラソン仕事術」の著者http://www.idea-marathon.net/)のものだとは知っています。
樋口さんのアイデアのNo.1はいつで、現在(2005/1/16)はいくつで、のっかりはてなは何番目のアイデアでどの著書の何ページに書いてあるか教えてください。(講演会で、言っていたというものでも結構です)
尚、現在のアイデア発想数は本人しかわからないはずなので、予想とその推定の根拠でも結構です。
URLはそのものがない時は、ダミーでなくアイデア発想に有用なものをお願いします。
参考までにhttp://hatena.g.hatena.ne.jp/hatenamagazine/20040212/p1とhttp://d.hatena.ne.jp/keyword/%C8%F5%B8%FD%B7%F2%C9%D7をご覧ください。

●質問者: hiroyukiarita
●カテゴリ:はてなの使い方
✍キーワード:URL のっかりはてな アイデア アイデアマラソン アイディア
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● cx20
●777ポイント

http://www.idea-marathon.net/ja/

アイデアマラソンへようこそ - Idea Marathon System Official Web Site

> のっかりはてなは何番目のアイデアでどの著書

「のっかりはてな」が採用されたのが、去年の2月ですから、

著書に書かれているとしたら、昨年2月以降に発売された

本に載っているかもしれません。

昨年発売された書籍は3冊で、そのうち、2月以降のものということでしたら、

■ 稼ぐ人になるアイデアマラソン仕事術(発売日:2004/12)

http://d.hatena.ne.jp/asin/4817180242

稼ぐ人になるアイデアマラソン仕事術―発想とツキで、強いチームを生み出す、仕事ができる人のやり方 (Best selected business books) - はてなキーワード

が該当するのではないでしょうか。

(残念ながら、読んでいない為、載っているかどうかは分かりません。)

<参考情報:2004年に発売された本の発売日>

■ 企画がスラスラ湧いてくる アイデアマラソン発想法(発売日:2004/01/07)

http://d.hatena.ne.jp/asin/4532192102

日経ビジネス人文庫 企画がスラスラ湧いてくる アイデアマラソン発想法 - はてなキーワード

■ 思いつきをビジネスに変える「ノート術」(発売日:2004/02)

http://d.hatena.ne.jp/asin/4569634508

思いつきをビジネスに変える「ノート術」―発想力を鍛えるアイデアマラソン (PHPエル新書) - はてなキーワード

http://www.idea-marathon.net/ja/index.php?IMS%A4%C8%A4%CF

IMSとは - Idea Marathon System Official Web Site

書籍に載っていないとしたら、推測するしかありません。

樋口さんが、アイデアマラソンを始められたのが、

1984年1月で、

1999年1月1日 に毎日最低71個(金、土、日は72個)の発想を出すことを決められたとのこと。

2002年9月18日の記事で、14万4000個とありますので、

2004年2月12日に「のっかりはてな」が提案されたとすると、

2002年9月18日〜2004年2月12日の期間が 512日(73週間と1日)ありますので、

2002年9月18日以降に考案されたアイデアの数は、

(71+71+71+71+72+72+72)*73週+71=3万6571個

となります。

ですので、「のっかりはてな」が考案されたのは、

14万4000個+3万6571個=18万0571個目

の前後ではないか?と推測されます。

同様に、現在のアイデア発想数を推測すると、

2002年9月18日〜2005年1月16日の期間が851日(121週間と4日)

2002年9月18日以降に考案されたアイデアの数は、

(71+71+71+71+72+72+72)*121週+72*4=6万0788個

となりますので、

現在(2005年1月16日現在)の推測アイデア発想数

14万4000個+6万0788個=20万4788個

というところではないでしょうか?

・・・実際のところは、ご本人に聞いてみないと分からないですけど。

http://www.hatena.ne.jp/user?userid=Idea-Marathon

つまるところ、ご本人にしか本当のところは分からないと思います。

まだ、はてなを辞められていなければ、

ポイント送信で連絡をすることが可能ですので、

実際に伺ってみてはいかがでしょうか?

# 最近、お見かけしないので辞められたのかも知れません。

http://www.idea-marathon.net/ja/index.php?%A3%D1%A1%F5%A3%C1

Q&A - Idea Marathon System Official Web Site

または、上記の URL に連絡先(メールアドレス)が書かれていますので、

メールを出してみるというのはいかがでしょう?

◎質問者からの返答

本当にありがとうございます。今年の元旦と二日は100個とのことなのでもう少し行ってるかもしれませんが、誤差の範囲かもしれません。

参照:http://www.idea-marathon.net/ja/

樋口さんの律儀な性格(勝手に思いこんでいますが・・)から、cx20さんの試算、いい線かと思います。後は、ご本人にメールして聞いてみます(もしかして、今もノートを調べる作業をしていたりして・・)。

さて、回答の価値を考えました。1/1の600points以上の価値(調べる時間と計算の作業時間、発想)があると感じました。で、ゴロもよい777pointsと決めました。これでも少ないかもしれませんが・・本当にありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ