人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

下記HPを見ていただきますと画面右側に空きがあります。ここを一面に使いたいのですができますでしょうか IBMHPビルダーv8で作成してます。
http://homepage3.nifty.com/seten/

●質問者: seten
●カテゴリ:コンピュータ
✍キーワード:Hp V8 いただきます ビル 作成
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● DOK
●10ポイント

http://www.yahoo.co.jp/

Yahoo! JAPAN

表示を真ん中に持ってきて一面使いたいというのなら全体に<center>タグを使えばいいことですが。。。

右側の幅自体は見ているモニタの解像度によってまちまちですから

一概に画像をおいたり文章を書いたりしてもなんだかなぁ?という結果になります。

と、既出だろうと思いますから予断でオマケを。

上下左右ともにセンター寄せをすれば綺麗なレイアウトに見えますが、HTMLのタグって上下にセンター寄せ(?)はできないんですよね。

そこで私がやっているのは画面に対して大きさを100%指定したテーブルを挿入してます。その中にページを作ればテーブルタグにある上下の真ん中寄せを利用して真ん中のほうにアイテムを持って来れます。

なおかつ、この方法だとウィンドウの大きさを変更しても、常に真ん中にアイテムが存在するため、いろいろ使い勝手がよすぎです。

と、既存でしたら失敬(^^;


2 ● nishiyu
●30ポイント

http://dic.o2k.jp/

Dの辞書 (´・ω・`). o O ( 総数:0278915 昨日:34 本日:88   )

えっと どのように使いたいのでしょうか

フレームページで リンクを作るというのもありますが。。

現在あるコンテンツを 右いっぱいに表示したい ということでしょうか

◎質問者からの返答

そうです。よろしくお願いします


3 ● MOHI
●30ポイント

http://homepage3.nifty.com/seten/

URLだみー

全部を中央寄せすれば空きはなくなりますよ!

というか質問に何をこたえたらいいかよくわかりませんw

◎質問者からの返答

質問内容不十分ごめんなさい


4 ● fake234
●60ポイント

http://fake234.ddo.jp/files/test.html

HPビルダーを使われたそうですが、CSSの使い方がかなり強引な感じだったので組みなおしました。(URL:画像はないです)

以下はソースです。(そのままコピーしても、全角の記号が混じってしまいますのでURLのファイルをそのまま保管してください。)

<!DOCTYPE HTML PUBLIC ”-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN”>

<HTML>

<HEAD>

<META http-equiv=”Content-Type” content=”text/html; charset=Shift_JIS”>

<META name=”GENERATOR” content=”IBM WebSphere Studio Homepage Builder Version 8.0.0.0 for Windows”>

<META http-equiv=”Content-Style-Type” content=”text/css”>

<META name=”IBM:HPB-Input-Mode” content=”mode/flm; pagewidth=750; pageheight=900”>

<TITLE></TITLE>

</HEAD>

<BODY bgcolor=”#ffff80”>

<center>

<H1><IMG src=”logo3.gif” width=”578” height=”33” border=”0” alt=”加藤邦宏作品ライブラリー”></H1>

<H3>こんにちは。このサイトでは加藤邦宏の作品ライブラリーをご紹介します。 ライブラリーは以下の4つのコーナーに分かれています。</H3>

<TABLE width=”95%” cellpadding=”5” cellspacing=”0” border=”0”>

<TR>

<TD width=”50%” valign=”top”>

<H3><A href=”2KatoRibrari.html”>1.エッセイ・コーナー</A></H3>

<IMG src=”electra.jpg” width=”77” height=”107” border=”0” align=”left”>

<P>エッセイストとしての加藤邦宏は、何冊かのエッセイ作品を刊行しています。「リリック叢書」は加藤邦宏が1996年に書き始め、2004年に完結したエッセイ集です。</P>

</TD>

<TD width=”50%” valign=”top”>

<H3><A href=”3KatoRibrari.html”>2.音楽作品コーナー</A></H3>

<IMG src=”2organ.jpg” width=”113” height=”98” border=”0” align=”left”>

<P>鈴木航伊知「月夜のオルガン弾き</P>

<P>作曲家としての加藤邦宏は、いくつかの歌曲作品と室内楽作品を発表しています。</P>

</TD>

</TR>

<TR>

<TD width=”50%” valign=”top”>

<H3>3.アラン・コーナー</H3>

<IMG src=”alain_profile.jpg” width=”81” height=”108” border=”0” align=”left”>

<P>高田博厚「アラン胸像」</P>

<P>加藤邦宏はフランスの哲学者アランの思想を紹介する活動をおこなっています。過去30年ほどにわたって、勉強会「アランの会」で講師役をつとめているほか、アランに関連した著作を発表しています。</P>

</TD>

<TD width=”50%” valign=”top”>

<H3>4.経営コーナー</H3>

<IMG src=”hermes-2.jpg” width=”109” height=”118” border=”0” align=”left”>

<P>経営コンサルタントとしての加藤邦宏は、経営指導を目的として発行した図書や経営技法の参考資料を多数発行しています。</P>

<P>「ヘルメス像」(ローマ時代のコイン)</P>

</TD>

</TR>

</TABLE>

</center>

</BODY>

</HTML>

◎質問者からの返答

大変ありがとうございました。感謝

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ