人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

源泉徴収という考え方はどうしてできたのでしょうか?

●質問者: papagena
●カテゴリ:ビジネス・経営
✍キーワード:源泉徴収
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● kimudon
●16ポイント

http://www.ubc-japan.com/info/news04111.htm

INFORMATION 社長になろうと思ったとき

日本の「源泉徴収制度」起源です。

「戦争」が関係していた様です。


2 ● zbatsanjoh
●16ポイント

http://zan.vivian.jp/affiliate_tax/withholding.html

404 error

こちらに源泉徴収の歴史が記されております。


3 ● vegah
●16ポイント

http://www.ntc.nta.go.jp/kouhon/syotoku/pdf/08.pdf

手間をかけずに、漏れなく徴収するということのようです。


4 ● sorawo
●16ポイント

http://www.jcoa.gr.jp/siten/content/gensen.html

源泉徴収制度の問題点

戦時に国が徴税をやりやすくするためだと聞いたことがあります。

とられているという意識を薄くする効果があるようです。


5 ● kamikio0910
●16ポイント

http://www2.odn.ne.jp/muraoka/tishiki02.html

税金の歴史

明治期、大正期の税の仕組みは、地租と酒税を中心とした税体系で、それに所得税を併用した徴収のスタイルだったようです。

また、所得税も、高額所得者からの徴収というスタイルをとっていたこともあり、税収の中の所得税の占める割合もわずか1%程度だったようです。

その後、戦争等での資金不足を税収で補う必要が出てきていたため、多くの国民から所得税を徴収し、以前からの不確定要素の強かった税体系から、ある程度まとまった固定的徴収が見込まれる源泉徴収へと変化していったようです。

なお、源泉徴収制度は昭和15年からはじめられたようです。

(上記のURLは明治15年と間違った表記をしています。)

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ