人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

以下のことを示している(もしくは述べている)サイトはないでしょうか?

http://www.hatena.ne.jp/1106274032
この質問と関連しているのですが、専用線回線数が減少している理由として、
VPNや広域イーサネットに移行していることが理由としてわかってきました。

実は、理由はこれだけではなく、ひょっとしたら要因の1つとして
「FTTHやDSLの法人向けサービスへの移行」
という予想もしているのですが、いまいち確証が得られません。

・そのような事実も要因の1つとして述べているサイトがある
・そのような事実はない
等を確認したいため、このような質問をさせていただきました。

どうぞよろしくお願い致します。

●質問者: yoshifuku
●カテゴリ:ビジネス・経営 コンピュータ
✍キーワード:DSL FTTH VPN いまいち イーサネット
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/2件

▽最新の回答へ

1 ● mishra
●40ポイント

http://www.atmarkit.co.jp/fnetwork/survey/survey09/network1.html

@IT:第9回 読者調査結果

若干古いですが(2003年度展望)、ネットワークインフラの導入に関する読者調査(at @IT)、

http://www.atmarkit.co.jp/fnetwork/survey/survey12/network01.htm...

@IT:第12回 読者調査結果

同様の読者調査の2004年版です。

FTTH,DSLと言った高速なアクセスラインが低価格で提供されるようになり、ある程度の速度で通信可能なインターネットVPNが安価に構築できるようになりました。信頼性ではさすがに専用線には劣りますが、何しろ専用線は高いですから、コスト削減のためにはインターネットVPNはうってつけの代替手段となるわけです。

つまり、「FTTHやDSLの法人向けサービスへの移行」(というか、低価格化)は、「VPNや広域イーサネットに移行していること」への布石だと思われます。

◎質問者からの返答

ありがとうございます!

大変有益な情報でした!

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ