人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

1970年代のICチップと現在のICチップの性能差はおよそ何倍くらいでしょうか。

●質問者: y_yamaguchi
●カテゴリ:コンピュータ
✍キーワード:1970年代 IC チップ 現在
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 7/7件

▽最新の回答へ

1 ● oregaitiban
●50ポイント

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%E0%A1%BC%A5%A2%A4%CE%CB%A1%C2%...

ムーアの法則とは - はてなキーワード

集積度については有名な「ムーアの法則」というのがあります。

http://www.atmarkit.co.jp/news/200402/24/intel.html

@IT:ムーアの法則≠パフォーマンス向上? インテルの次世代プロセッサ戦略

「ムーアの法則」≠性能向上ともいわれてますが、1975年ころと比較して2005年(間は30年)ですから、控えめに見ても2の15乗=32768倍ではないでしょうか。

◎質問者からの返答

おおー、ありがとうございます。

何千倍、何万倍といっても控えめじゃなさそうですね。良かったです。

わたしの疑問は解決されましたが、詳細な数字を知ってる方もいるかもしれませんので、とりあえず質問は継続します。


2 ● ThomasFeline
●50ポイント

http://e-words.jp/w/E383A0E383BCE382A2E381AEE6B395E58987.html

ムーアの法則とは 【Moore’s Law】 - 意味/解説/説明/定義 : IT用語辞典

ムーアの法則(集積度は18〜24ヶ月で2倍になる)を単純にあてはめれば、2の15乗、32768倍ですね。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

ムーアの法則は話のネタに使いやすくて良いですね。


3 ● izayoimizuki
●50ポイント

http://kyoto.cool.ne.jp/beyan/kihon.html

基本的な・・

用途によっては1970年代と同等の能力のものもありますので一概には言えません。

確か「(処理可能な最大ビット数×周波数×パイプラインの段数)/素子と素子の距離」といった感じの式で比較できたかと・・・(ちょっと自信が無い)

◎質問者からの返答

ほうほう。ありがとうございます。

一般的なパソコンに入っているICチップで比較してもらえればありがたいです。


4 ● kimudon
●50ポイント

http://www.itofamily.com/ito/collections/legend/i4004/index....

IC collection i4004

INTEL 4004マイクロプロセッサ。

クロック0.75MHz

1971/11発売。

pentium4の3.8GHz=3800MHzと比べれば

15,200倍

http://www.itofamily.com/ito/collections/legend/z80/index.ht...

IC collection Z80

Zilog Z80マイクロプロセッサ。

クロック6MHz

1976/07発表。

pentium4の3.8GHz=3800MHzと比べれば

633倍

http://www.intel.co.jp/jp/products/desktop/processors/pentiu...

Redirect

インテルのムーア博士の「ムーアの法則」は集積密度なのですね。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

5年間でずいぶん変わってくるものですね。周波数の違いが=性能差になってくるのでしょうか。


5 ● toshi_nishida
●50ポイント

http://www5d.biglobe.ne.jp/~hotaka/history/history2.htm

まずCPUの比較です。

74年登場の代表的CPUだったi8080は、クロックがクロック2MHzでトランジスタ数6000個。

http://ascii24.com/news/specials/article/2001/04/07/print/624973...

ASCII.jp:ascii24.com一時停止のお知らせ

現在のCPUであるPentium4

4200万個のトランジスタで6000個の7000倍

クロックは3.8GHzで2MHzの1900倍

http://www.st.rim.or.jp/~nkomatsu/srwm/i2101.html

1 Kbit n-MOS S-RWM

次はメモリーです。70年代終わりのスタティックメモリーで、容量は1kbitで、アクセスタイム(速度)は450nSでした。

http://www.necel.com/memory/japanese/products/sram/lowpower-8m.h...

低消費電力SRAM 8M bit | 保守品一覧 | メモリ | 製品情報 | NECエレクトロニクス

公平のためあえてスタティックメモリーで比較しますと、

8Mbitは1kbitの8192倍

アクセスタイム55nSは8倍

http://www.elpida.com/ja/products/ddr2.html

DDR2 SDRAM | 製品情報 | エルピーダメモリ

パソコン用メモリーとして比較すると新しい技術のメモリーは、容量が1Gbitで1kbitの100万倍になりました。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

いろんな比較の仕方があるんですねえ。

他のご意見があるか、もう少しだけ継続してみようと思います。


1-5件表示/7件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ