人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

電子源(エミッター)とはどんなものですか?

●質問者: y_yamaguchi
●カテゴリ:科学・統計資料
✍キーワード:電子
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● きょくせん
●50ポイント

http://denka.on.arena.ne.jp/cgi-bin/product/showproduct.cgi?id=3...

電子顕微鏡やプラズマ発生器などの『電子源』です。早い話が電極と言って構わないでしょう。

http://www.sei.co.jp/news/press/00/prs155_s.html

こんな感じでいかがでしょう?

http://www.infonet.co.jp/ueyama/ip/glossary/transistor_g.html

トランジスタ

ただ、エミッタと言うと先にトランジスタを思い出してもしまいますが。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

つまるところ電子源とはどんな役割を果たすものなのでしょうか?


2 ● きょくせん
●50ポイント

http://wwwcrl.shiga-med.ac.jp/home1/g_book/emscope/intro/home.ht...

たとえば、電子顕微鏡の場合電子線を発生させ、それを光の代わりにしてその物体の像を見ます。

http://www.nanoelectronics.jp/kaitai/pdp/2.htm

また、プラズマを発生させるための放電装置として用いられます。プラズマはプラズマテレビや蛍光灯などにも用いられています。

◎質問者からの返答

ほうほう、なるほど。ありがとうございます。

とてもわかりやすいです。


3 ● So-Shiro
●50ポイント

http://www.gem.hi-ho.ne.jp/katsu-san/audio/tube_useage.htm

真空管の原理

戻るところまで戻ってしまって、真空管を考えてみてはどうでしょう。URLにもあるように、真空管とは、早い話、ヒーターで暖められたカソード(陰極)から飛び出した電子がプレート(陽極)に飛びつくのを、グリッド(制御格子)電圧で制御する、ただそれだけです。

このカソードが電子源(エミッタ)の最も初期の形だと思いますが、その利用で電気信号の増幅、発振、ブラウン管の開発が可能になり、コンピュータやテレビが実現したのですから、すごいことだと思います。

http://taihoh.z1.bbzone.net/vac/vac1.htm

さらに真空管の起源に遡ります。

http://www.asahi-net.or.jp/~hp6y-isym/tube_r.htm

VACUUM TUBE

真空管とはエレクトロニクスで主役を務める能動素子のなかで、歴史が最も古いものです。

http://www.asahi-net.or.jp/~hp6y-isym/tube_1.htm

HISTORY

真空管と半導体の歴史です。

http://www.tuat.ac.jp/~katsuaki/Electronics/E011009.html

エレクトロニクスII 佐藤勝昭教授(量子機能工学研究室)2001年度後期第1回配付資料 H13

エミッタは電気回路の中の能動素子と考えていいのではないかと。すなわち、エネルギー源をもつ回路素子である。

◎質問者からの返答

ほうほう、ありがとうございます。

残念ながら時間の都合上、URLを確認する余裕がないのですが、のちのちに活用したいと思います。


4 ● gobo
●50ポイント

http://www1.seaple.icc.ne.jp/mixseeds/p111g.htm

特集(蒸発型陰極について)

エミッタとはおっしゃるとおり電子放出源であり、一般的なのは熱電子放出源です。

真空中で陰極(アノード)側の金属(タングステンが結構多い)に電流を流して加熱すると電子を放出します。

陽極(カソード)に高電圧を印加して陰極との間に電位差をつけるとカソードが放出した電子が電位差に応じ加速されカソードへ飛んでいきます。

いわゆる電子銃、電子ビームです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%B...

ブラウン管 - Wikipedia

ブラウン管では

放出された電子がカソードにある蛍光体に当たると発光します。

これで画像を表示します。

(ブラウン管全体に電子ビームを当てるのは磁力で偏向させ走査させます。)

http://www.nims.go.jp/it_em/japanese/em-more.html

ItEM-電子顕微鏡の原理

電子顕微鏡の場合は

物質に電子ビームを当てると2次電子と言うものを放出します。

物質(原子量?)によって強さが違います。これを像にします。

光学顕微鏡では見えないものが見えたりします。解像度も高いです。

◎質問者からの返答

ほうほう・・ありがとうございます。

ーーー

つまり、電子源とは、電子を発生させて、発生させることで生じる光を利用して照明にしたり、ものすごく小さなものを見たり、ビームを出したりするもの・・という解釈で良いのでしょうか。

皆様の追記お待ちしております。



●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ