人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

SolarisでQpopperをOpenLdapのldap.confを見にいくようにビルドするコンフィギュアオプションを教えてください。
http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/root02/root02c.html
はみましたが、Linuxでpamを使っての前提なのでちょっと・・・・
よろしくお願いします。

●質問者: meichi
●カテゴリ:コンピュータ 生活
✍キーワード:LDAP Linux OpenLDAP solaris オプション
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● JULY
●40ポイント

http://docs.sun.com/app/docs/doc/816-3966/6ma797n17?a=view

docs.sun.com: Solaris のシステム管理 (ネーミングとディレクトリサービス : DNS、NIS、LDAP 編)

直接の回答でなくて申し訳ないのですが、基本的には、

Solaris でも pam は使われていて、標準で(といっても、

バージョンによりけりだと思いますが)LDAP を使う pam

モジュールが入っているようです。

上記 URL は pam_ldap を使うようにする設定例です。

http://www.padl.com/OSS/pam_ldap.html

pam_ldap

http://www.padl.com/OSS/nss_ldap.html

nss_ldap

標準の pam_ldap が入っていなかったり、問題がある場合は、

Linux でも使われているモジュールを使う手もあります。

対応 OS に Solarsi も含まれています(2.6 以降)。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

では、SolarisでQpopperをビルドする場合でもpam.confを指定するようにすればよさそうですね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ