人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

宇宙は誕生してから今でも広がっていると言われますが、その外にある「無」とは何でしょうか。
空間自体もない世界なのでしょうか、なるべくわかりやすく教えてください。

●質問者: aoi-shizuku
●カテゴリ:科学・統計資料
✍キーワード:宇宙 空間 誕生
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● kn1967
●23ポイント

http://homepage2.nifty.com/osiete/seito201.htm

宇宙の先はどうなってるの?

宇宙、それは最後のフロンティア、、、、まだ見ぬその先には「夢」がある。なんてのは求めていないということですよね。

科学者の間でも結論というのは出ていないものを「はてな」で聞かれても誰も結論は出してくれません。

上のページも同じ質問ですが、結構まじめな回答がついていて、内容も多岐にわたるので、あなたが望む方向性をまずは捕まえて、それからもう少し範囲を絞って質問してみてはいかがでしょうか。


2 ● jo_30
●23ポイント

http://gambler.m78.com/shu/astro.html#Uchu

へたくそ天文学

「我々の世界は三次元空間であると云うことを失念してしまってはいけません。」

「外側はあり得ないんです。もしも宇宙の向こうに何かがあれば、そこは空間であり、そこも宇宙であり、一続きなのです。輪郭は錯覚だったという事になります。

宇宙の外側は、定義不可能なのです。と云うか、あり得ないのです。それが宇宙を論じるときの大前提です。」

http://homepage2.nifty.com/raui/hitori/htr001.htm

「宇宙の外側」があるとすればそれは時間の無い世界でなければならず、我々にそのような世界は認識できないのではないか?という話。

http://lily.s15.xrea.com/past/042.html

XREA.COM

おまけ。ところで、外側の宇宙がもしあるとしたら、その外側にも宇宙があると思いますか?


3 ● moonan
●23ポイント

http://www.qprc.org/

四次元ポケット研究所

URLはダミーです

四次元みたいなものを想定すれば「外」も意味があるかもしれませんが、三次元人の私たちには「外」は認識できないわけで、それを「無」と呼んでるのではないでしょうか。地面を這うしかないアリ(2次元に生きてる生き物の例えです)を地球儀に乗せると、その球の表面だけが世界のすべてですよね。でも3次元のわれわれには地球儀の外も認識できます。他の地球儀(平行宇宙)も認識できます。同じように四次元の認識があればこの宇宙の外も認識できるけど、三次元内にいるわれわれには認識不可能という説明ができるのではないでしょうか。

◎質問者からの返答

なるほど、おもしろいですね。


4 ● futsubarama
●1ポイント

http://www.yahoo.co.jp/

Yahoo! JAPAN

無とは内なる自分に向き合う時間です。

思考の闇は果てなく続きます。

URLダミーです。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ