人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

○○円の金銭消費貸借契約書を結び、先方からはお金が期日内に戻ってきました。
このおり、双方交わした契約書はシュレッダーにかければ、事務手続き終了でしょうか?それとも契約が履行書面をされたというまたも双方作って、もとの金銭消費貸借契約書とともに保存しておいたほうがよいのでしょうか?

●質問者: papagena
●カテゴリ:ビジネス・経営 政治・社会
✍キーワード:お金 シュレッダー 契約
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● mizunouenohana
●25ポイント

http://www.asahi-net.or.jp/~ZI3H-KWRZ/law2shav.html

借金を返済したのに借用書を返してもらっていない

URLは参考ですが、通常は金銭消費貸借契約書(借用書)は、契約の終了後(履行後)こちら側が貸したほうであれば、相手方に借用書を返還するものです。

で、相手方が廃棄しようとどうしようと勝手ですが。

こちら側としては、その契約書を渡してしまったことによりお金を貸して返してもらうということの契約が消滅するわけです。

こちら側が持っているとトラブルの元ですので(返した返さないでもめるとか)、完済されたのであれば相手方に渡してしまうのがよいです。

◎質問者からの返答

わかりました

ありがとうございます


2 ● 1500曲を突破♪
●25ポイント

http://www.hatena.ne.jp/1106980096#

人力検索はてな - ○○円の金銭消費貸借契約書を結び、先方からはお金が期日内に戻ってきました。 このおり、双方交わした契約書はシュレッダーにかければ、事務手続き終了でしょうか?それ..

あなたが返却されたお金の受領証を発行しなければなりません。

(その際、当初の契約書は破棄しても「無効」の判を押して保存してもどちらでもかまいません)

◎質問者からの返答

ありがとうございます

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ