人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

隣接する宅地ですが境界については互いに現場で確認して合意していました。
ある日、所有者の私に断り無く合意した境界を越えて新しい境界杭が打たれていましたが、別に何かを要求してくるわけでもないので放置していました。そしてその後隣の土地の所有者が変わりました。新しい所有者は自分は善意の第三者だから前所有者との合意は無効になり、境界は杭の位置になると主張します。前所有者との合意は善意の第三者に所有権が移転すると無効になるのでしょうか?

●質問者: nyanmomojp
●カテゴリ:ビジネス・経営 生活
✍キーワード:善意 土地 宅地 所有権 放置
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● coga
●18ポイント

http://www.bekkoame.ne.jp/~prtybell/kyoukai/fudemiik.htm

「国有地との筆界未定」の意見交換

少なくとも黙ったままだと、泣き寝入りさせられる羽目になりそうです。

まず、土地家屋調査士さんに調査してもらったほうがよさそうですし、話が難航しそうだったら、正々堂々と民事裁判に持っていくしかなさそうです。

もちろん、近所づきあいは気まずくなるでしょうし、絶対にあなたが優勢だとは言い切れませんが、何をするにつけ、早ければ早いほうが良いと思います。


2 ● stnet
●18ポイント

http://vandye.com/archilink/chishiki/shikichi.html

公図を元に境界の確認が行えます


3 ● sami624
●17ポイント

http://www.d4.dion.ne.jp/~idogawa/tisekisokuryouzu.htm

地積測量図

通常一般的には土地の売買をする場合は、測量図が貼付されるのでそれを確認したらいいでしょう。その測量図が違っていたら、抗弁のしようがないのが実態です。

http://www.medium.co.jp/ta11.html

そもそも登記に向心力がないので話は厄介です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A9%90%E6%AC%BA

詐欺 - Wikipedia

新しい所有者が善意の第三者なら、旧所有者には、詐欺罪が立証されるので、刑事告訴をして逮捕してもらいましょう。

http://tokagekyo.7777.net/will/kyogi-3.html

通謀虚偽表示・第3回・論点の補遺

ことの進展からすると、通謀虚偽の可能性が高いので、刑事告訴をするのも手かもしれないですね。


4 ● tiptop
●17ポイント

http://www.gifu-chousasi.or.jp/faq/faq_1_c.html

隣地との境界は、あくまで双方合意の上決まるものです。

一方的に相手の主張が認められるわけではありません。

(そんなことが許されれば、「善意の第三者」だらけになってしまいます。)

前の所有者と境界杭を設置した際に、きちんとした合意書、記録などは残しているでしょうか?

残っていれば有利になると思います。もし、今の所有者がそれに不満であれば、

前の所有者と解決してもらうことです。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。善意の第三者は公図とは違う境界を主張し、その所有権を確認する意味で年間1000円の借地料を要求しています。自信を持って相手と議論します。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ