人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

役所や車や携帯電話など、何かの契約や変更手続きをする時に、自分が直接できず代理人に依頼する場合、委任状のようなものが必要なのでしょうか。
もし委任状無しで勝手にしてしまった場合どうなるのでしょうか。

●質問者: baihen
●カテゴリ:ビジネス・経営 生活
✍キーワード:勝手 契約 委任状 携帯電話
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 9/9件

▽最新の回答へ

1 ● KairuaAruika
●10ポイント

http://www.hatena.ne.jp/help/help0301#moderation

アドレスはダミーです。一般に公約書関係の手続きには委任状が必要です。そして委任状がない場合は手続きできません。しかし,自分で作成する委任状のような,簡単なものでよい場合もあります。判は必要ですが。その担当窓口に問い合わせ,どのように作成すればOKか教えてもらうことをお勧めします。

◎質問者からの返答

やはり必要なんですね。

質問の仕方が悪かったのですが、本人確認が甘いところでは簡単になりすましができてしまうのですが、そういう場合はどうなるでしょうか?


2 ● bouzu_gokaku
●30ポイント

http://www.hatena.ne.jp/

はてな

法律的には何の問題もありません。

代理人は本人のためにする意思があり本人のためにする、相手方も代理人が本人のためにすることを知っているならば与えられた権限の範囲内で本人に法律行為の効果が帰属するのが原則です。

ただあとでそんなことを頼んだ覚えはない!などとなってトラブルになるのを避けるために委任状を要求されることも多々あるでしょう。委任状があるに越したことはないですね。

あと記憶があいまいですが代理人には住民票を交付しない役所もあったと思います。

◎質問者からの返答

問題ないですか。

できればソースというか根拠となるものがあればいいのですが…


3 ● sami624
●30ポイント

http://homepage3.nifty.com/sami624/index.html~030915

波乗り三昧

ケースバイケースですね。

私の勤務先も窓口のある企業ですから、当然に取引に関わる契約変更が必要となります。ここで、問題になるのが、契約内容が債権の場合は、民法第478条により、相応に注意を払って本人確認をした場合は、債権の準占有者として免責されるという法理があります。即ち、亭主名義の預金を奥さんが払出をした場合などです。

一般に契約変更は本人以外では応じていません。特に公的機関はそうですね。本人確認と筆跡により、本人の意思確認をしている場合があり、当初契約と筆跡が異なる場合は、本人の意思確認が出来ないとして、応じられないケースがあります。

次に、代理人による契約変更をした場合でも、仮に偽者であっても本人に発生する被害が少ない場合は、委任状による契約変更は可能です。

最後に無償の契約等で、本人以外のものから受けた変更契約でも、双方に損害が生じる可能性がほとんどない場合は、委任状なしでも応じる場合があります。

これは、逆の立場に立てば分かるでしょう。1千万円の支払期日の変更をするとなると、委任状があっても本人の意思確認が出来ないと、変更はしたくないでしょっ・・・そういうことです。

◎質問者からの返答

具体例つきであげていただきありがとうございます。

イメージがわきました。


4 ● POPO
●10ポイント

http://www.nttdocomo.co.jp/customer/f/dl.html

NTTDoCoMoの場合、本人以外が契約変更する場合は委任状が必要です。

DoCoMoショップは必ず要求されます。が、本人の名前とハンコが押してあればOKなので、認証能力は限りなく0だと思いますが...

◎質問者からの返答

携帯電話の場合は委任状が必要になるようですが、書かれている通り本人確認が非常に甘いので(そうでないところもありますが)、簡単に他人になりすますことができます。

で、それができてしまった場合のその後のことを聞いてみたいです。


5 ● taigo
●10ポイント

http://www.houko.com/00/01/S42/081.HTM

住民基本台帳法

http://www.houko.com/00/01/S22/224.HTM

戸籍法

http://www.town.nanbu.tottori.jp/p/admin/chouminseikatsuka/hossh...

404 Not Found

質問の主題は、なりすましができるかどうかなのですか。

携帯電話は、委任状でできたと思います。なりすましに対しては、まあ、委任状だけなら簡単に偽造できるでしょうね。

ここらへんは携帯電話会社の内部規定でしょうから、ソースはないと思われます。

車に関しては、登録する場合、印鑑証明が必要です。

印鑑証明を登録する場合は、本人申請が必須です。本人がどうしても窓口に行けないという場合のみ、郵送にて本人に確認後、代理申請という方式をとるということだったと思います。

登録をした場合は、印鑑証明カードが発行されるはずですから、このカードさえあれば、本人以外でも印鑑証明を発行してもらえますが、印鑑証明自体をなりすますのは、結構難しいと思います。

住民票や戸籍は、公開が原則ですので、かなり簡単に取れます。ただ、昨今個人情報取扱が厳しくなっていますので、厳しくなっているかも。

行政書士等なら簡単に取れるのですが。

◎質問者からの返答

質問の仕方が悪くうまく伝わらなかったようで申し訳ありません。

成りすましによって何かされた後の話(法的な効力や取り消しの方法など)を聞きたいのですが、ご存知でしたらよろしくお願いします。


1-5件表示/9件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ