人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

白血病などでよく出てくる骨髄液について。20〜30万人で1人くらいの確立で型が一致する?とか聞いたことがあるのですが、骨髄液のタイプが一致する人同士が結婚して出来た子供は、血すじが近いもの両親の子供のように、障害を持つ可能性は高いのでしょうか?

●質問者: ukokkei_ry2
●カテゴリ:医療・健康 生活
✍キーワード:いもの タイプ 子供 白血病 確立
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● aki73ix
●40ポイント

http://homepage3.nifty.com/kdw/renga_g_018.htm

白血球の血液型のタイプが同じ事と、遺伝子の型が似ていることは全く違います

人間のDNA情報は約3313万有りますが、骨髄液は150種類x数百タイプの数万通りDNA情報としては数十が一致したのに過ぎないのです

血縁が近いもの同士が結婚したときに、こどもに障害が出る可能性が高い理由は、例えば、兄弟の場合は,DNAの1/4が同じになります、

もしも、異常なDNA情報があっても、それが劣性遺伝であれば、表に出てこないので、見た目は健常者と変わりません

ところが、劣性遺伝で表向き出てない障害を兄弟が持っていた場合、相手も持っている可能性が1/4あるわけで、子供が劣性遺伝で障害が発言する可能性が1/4になるわけです

つまり、これが障害がある子供が生まれる可能性が非常に高い理由です

ところが、骨髄液の型が一致しても、それは障害をもつDNAが一致するわけではありませんから、心配はありません

http://www.hatena.ne.jp/1089710692

近親相姦の是非について、質問します。社会規範などの倫理的な見地からでなく、できれば科学的・論理的に答えてください。 (別に近親相姦したいわけでも擁護したいわけで.. - 人力検索はてな

親近者の婚姻についてのリスクについては、過去の質問になりますが、こちらも参考にして下さい

◎質問者からの返答

参考になりました。骨髄液は150種類x数百タイプの数万通りDNA情報としては数十が一致なのですね。電車の中でふと疑問になって気になっていたのが解消されてよかたです。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ