人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【SFの短編小説で御願いします】
あなたのオススメのSF短編小説を、オススメの理由をつけて、教えてください。

ただし、条件があります。
質問した2月5日現在で、新本の市場で入手可能であること。
いくら名作でも、古本でしか読めないものは今回は御遠慮ください。

翻訳物、日本人作家の作品であるかは問いません。

よろしく御願いします。

●質問者: snobby
●カテゴリ:書籍・音楽・映画
✍キーワード:あなた いもの オススメ 作家 古本
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 15/15件

▽最新の回答へ

1 ● co_met
●15ポイント

あなたの人生の物語 (ハヤカワ文庫SF)

あなたの人生の物語 (ハヤカワ文庫SF)

  • 作者: テッド チャン
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • メディア: 文庫

蹴りたい田中 (ハヤカワ文庫 JA)

蹴りたい田中 (ハヤカワ文庫 JA)

  • 作者: 田中 啓文
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • メディア: 文庫

夢の樹が接げたなら (ハヤカワ文庫JA)

夢の樹が接げたなら (ハヤカワ文庫JA)

  • 作者: 森岡 浩之
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • メディア: 文庫

あなたの人生の物語:表題作はファーストコンタクトもので、かなり面白かったです。エイリアンの思考体系が興味深いです。

蹴りたい田中:笑えます。少しどろどろしてます。

夢の樹が接げたなら:表題作、言語の話で、とても興味深く面白かったです。

◎質問者からの返答

「夢の樹が接げたなら」-面白そう!!

他の2作は既読でした「あなたの人生の物語」-独特の味わいで、次回作に期待。「蹴りたい田中」-SFファンには色々な意味で笑える快作(怪作?)

ありがとうございます。


2 ● simo00
●15ポイント

日がわり一話

日がわり一話

  • 作者: 眉村 卓
  • 出版社/メーカー: 出版芸術社
  • メディア: 単行本

眉村卓の「日がわり一話」はいかがでしょう。

昔から眉村卓が好きで、独特の不思議な物語に若かりし頃ドキドキしながら読んだものです。

この作品はガン告知された妻のために毎日書きつづったものだそうです。そういった状況を知りながら読むと胸が熱くなります。

眉村ワールド健在といったところです。

◎質問者からの返答

眉村卓さん、いぶし銀のあじわいですよねー。

光瀬龍さん、半村良さん亡き後、元気で創作活動を続けてほしいです。


3 ● kn1967
●15ポイント

日本売ります (ハルキ文庫)

日本売ります (ハルキ文庫)

  • 作者: 小松 左京
  • 出版社/メーカー: 角川春樹事務所
  • メディア: 文庫

眉村卓氏や半村良氏(長編ですが石の血脈が好きです)時代をご存知の方ならば少し古典的なものがよろしいのかな?

SFというよりはブラックユーモアの塊かもしれませんが。いかがでしょうか。

◎質問者からの返答

むむっ、bk1では<現在お取扱いができません >ですが、楽天ブックスでは在庫表示あり、ですね。

早く注文したほうが良さそう。

ありがとうございました。


4 ● So-Shiro
●15ポイント

明日にとどく (ハヤカワ文庫SF)

明日にとどく (ハヤカワ文庫SF)

  • 作者: 山高 昭 アーサー・C・クラーク
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • メディア: 文庫

贈る物語 WONDER

贈る物語 WONDER

  • 作者: 瀬名 秀明
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

アーサー・C・クラークの名作「太陽系最後の日」が収録されている短編集『明日にとどく』は現在は版元品切れですが、瀬名秀明編集のアンソロジー『贈る物語 Wonder』に採録されています。

「太陽系最後の日」のラストの感動は、なかなかのものです。

◎質問者からの返答

あやー、『明日にとどく』も<現在お取扱いが

できません>ですかー。

これは他のサイトも同じですね〜。

安い文庫本がほしい〜というときは新古本をねらうしかないんでしょうねー。

ありがとうございました。


5 ● Nana_Shinano
●15ポイント

麦撃機の飛ぶ空

麦撃機の飛ぶ空

  • 作者: 神林長平
  • 出版社/メーカー: ヒヨコ舎
  • メディア: 単行本

神林長平の「麦撃機の飛ぶ空」という短編集があります。

約20年前に雑誌に掲載されたショートショートを13編収めてあります。

星新一風ですが、星新一よりは毒気がある話が多いかな?どの短編を読んでも面白い本ですよ。

この中で特に好きなのは「麦撃」。麦を燃料とする村同士が何年にもわたって戦争をしている話。

キツイなーと思う設定の話が多いですが、「和の君」(ある朝突然スリッパが身につけられなくなって、次は靴下が、靴が、と進んでいく話。)のようなぷっと吹き出す軽めの話もあります。

ただ、マイナーな出版社から出ている本ですので、うんと大きい本屋さんかSFものに力をいれていて神林長平が誰だか分かる本屋さんじゃないと店頭には出ていない可能性が大きいです。

◎質問者からの返答

>マイナーな出版社から出ている本です

ぎゃくに、在庫がナカナカなくならない可能性もありますよね。bk1の解説・著者コメント・編集部コメント・書評も読みましたが、面白そうです。

ありがとうございました。


1-5件表示/15件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ