人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

1ヶ月くらい前の新聞で、本態性高血圧の治療薬としてテ-ラ-メイド薬品(各個人別の遺伝子に基づいた薬品)の利用があと1.2年でスタ-トするといった記事があったのですが、どの程度の動きがあるのか、ネットで調べても不明です。詳しくご存じの方、教えてください。

●質問者: chgr
●カテゴリ:医療・健康 科学・統計資料
✍キーワード:ネット メイド 新聞 治療 薬品
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● くまっぷす
●20ポイント

http://www.mhlw.go.jp/shingi/2004/01/txt/s0114-1.txt

昨年こういう会議(URLは議事録)が行われていたようなので次の5年(ということは4年?)のうちに何かありそうですね。

◎質問者からの返答

新聞の記事の中で、医者か研究者だかとにかくきちんとした立場の方が、1.2年でと行っていたのですが。


2 ● きょくせん
●20ポイント

http://www.ishiyaku.co.jp/search/details.asp?bookcode=282680

「医学のあゆみ」第5土曜特集〈第202巻9号〉 高血圧のすべて

そのものずばりというものが無かったんで恐縮なのですが、何かの手がかりになるかと思いますので発行時期が古いのですが書籍の紹介ページを。

本態性高血圧はそもそもその原因が不明なのですが、こちらの方はその原因遺伝子の探求をなさっておられるようです。

遺伝子が特定できればアンチセンス医薬品が開発できますね。

http://www.nakayamashoten.co.jp/cgi-bin/menu.cgi?ISBN=65926-6240...

中山書店

こちらは代謝に注目されているようです。

どの薬剤がどのぐらいその人によって代謝され難いかがわかれば既存薬剤の中からどれを選べばいいかがわかりやすくなります。

http://www.okusuri.org/

おくすりの評価法

現在治験中の薬剤を一通り見てみましたが、どれも従来のカルシウム拮抗剤かARBと利尿剤の合剤のようで新規クラスの降圧剤は無いようです。

ですので、本当の遺伝子医薬か従来薬剤を選択する上で有用な遺伝子が見つかり、それを検査するための手法が開発段階にあるのかのどちらかではないかと思われます。

今度はバイオベンチャーの方を探してみます。

◎質問者からの返答

有り難うございます。新聞ではあっさり言っていたので期待していたのですが、現実はまだまだですかねぇ。


3 ● cozycoach
●20ポイント

http://www.mizuho-ir.co.jp/meme/200210/genomesoyaku.html

テーラーメイドの薬品というのは多分ゲノム創薬のことだと思うのですが、ここにその解説があります。

http://www.techno-forum21.jp/study/st030610-No69.htm

がんの場合はこういう状況です。

http://www.yobou.com/contents/rensai/report/r15_57.html

ニュートリゲノミックス-新時代の栄養学の幕開け

これもかなりよくまとめてありますが如何でしょう?

◎質問者からの返答

有り難うございます。参考になりました。やはり、まだ、机上での話のようですね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ