人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「本の重みで木造アパート床抜け、住人が1階に転落で重傷」
1.落ちた住人(怪我&部屋撃沈)
2.1階の住人(無傷だが部屋大破)
3.大家(物件大破)
がそれぞれ損害を被ったわけなのですが、責任問題はどうなるのですか?

●質問者: kodomono-omocha
●カテゴリ:政治・社会 科学・統計資料
✍キーワード:アパート 大家 床抜け 木造 物件
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● 散歩人
●25ポイント

http://www.hatena.ne.jp/1107743789

人力検索はてな - 「本の重みで木造アパート床抜け、住人が1階に転落で重傷」 1.落ちた住人(怪我&部屋撃沈) 2.1階の住人(無傷だが部屋大破) 3.大家(物件大破) がそれぞれ..

まず、1階の住人は単なる被害者ですので責任は当然ありません。

床が抜ける前に軋む音が鳴りますから、

その音で前もって落ちた住人が対策を講じ

なければならず、

大家は入居時や時折に本の重みで床が抜ける危険を

落ちた住人に指導してれば責任はないですが、

もし指導してない場合は大家も責任を問われる場合あります。

◎質問者からの返答

本の重みで床が抜けるという事象がどう判断されるのか興味があります。まぁ、大家は落ちた住人にとりあえず原状回復を要求するでしょうが、そんなボロアパート貸しやがってという言い分と激しく対立することでしょう。それが終わらないと1階の人はどうしようもないので一番気の毒なのは1階の人ですかね。


2 ● DOK
●25ポイント

http://www.hanta.co.jp/

判例タイムズ社ホームページ

URLは関係ありません。

道義上であれば細かい状況によって話は変わりますが、法律上、判例の多さから見ると「大家による瑕疵責任」になるかと思います。おそらく御存知の通り、大家は「快適に居住できる環境を提供する義務」があり、水周りの劣化補修や雨漏りなどは大家が直すものですから。

ただし、契約時の内容によっては書籍を購入し続け、一定の箇所に蓄積して行った上階の住人に責任があることも。(収集した書籍等にもよりますが、一般的なものを一般的な量と認められない場合があります)

「床がミシミシといって抜けそう、大丈夫かな?」と認識していれば、未必の故意(正確な言葉は忘れましたが)にあたり、床が抜けると分かりきった行動をとった過失に。なお、下の住人さんは完全に被害者ですから、大家さんが新しく部屋を用立ててあげる必要がありますね。その際の費用は大家負担になりますが、上階の住人の過失ということになれば、そちらに請求する権利が生まれます。

しかし、入居時に加入されておられる火災保険でほ補填、効かないんですかねぇ?私のときは有効でしたが。

◎質問者からの返答

以前住んでいたアパートの天井が、上の人が動くたびにミシミシ言っていたので引っ越しました。あのアパートは間違いなく自身で崩壊すると思います。(死んでしまっては賠償請求どころではありませんから。)

それにしても床が抜けるって一体どんなボロアパートなんでしょうか?

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ