人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

チチカカ湖はなぜ「世界最高所の湖」だと
されているのでしょうか?

チチカカ湖は 3810m、あとで述べるように、
世界には 5000m の湖が複数存在します。
それなのに、チチカカ湖が世界最高所と
なぜか信じている人が多い、どうしてそう
なってしまったのか、という疑問です。
スッキリとした説明を希望。

従って「ホントに世界最高だから」という
オオボケな回答は強制的に零点進呈します。

エベレスト山付近の無名の湖 5880m
http://kitagawa.tv/quiz/tvqd/tvqd04-4.htm

ボリビアの塩湖 ブランカ湖とベルデ湖 5000m
http://www.geocities.jp/hasep_diary/_4/09/07.htm
http://www.geocities.jp/hasep2004/_408Andes/_40823/

チベットで標高5千mにある湖 プマユムツォ湖 5000m
http://www.pr.tokai.ac.jp/Expedition21/about/lake.html
http://www.pr.tokai.ac.jp/Expedition21/reconn_Lake/

●質問者: わかん
●カテゴリ:旅行・地域情報 科学・統計資料
✍キーワード:エベレスト スッキリ チチカカ湖 チベット ブランカ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 13/13件

▽最新の回答へ

1 ● skky
●1ポイント

http://jiten.www.infoseek.co.jp/Kokugo?pg=result_k.html&col=KO&s...

「湖面は海抜3810メートルで、大湖としては世界最高の位置」ということで「大湖」の限定付きで世界最高所であるようです。

残念ながら大湖の定義は見つかりませんでした。


2 ● nishiyu
●5ポイント

http://park12.wakwak.com/~takutaku/other/peru2.htm

チチカカ湖

船舶が航行している湖として 世界最高の標高だそうです

◎質問者からの返答

NG です。

世界最高所を決めるのに、なんで船が関係あるのかと。

おそらく、

「本当はチチカカ湖は世界最高所の湖ではない」

とわかってしまってから、後付けでつけられた

屁理屈ではないかと、僕は見ています。


3 ● cyano
●5ポイント

http://www.his-j.com/ngo/tour/nt-implim01.htm

現在は「汽船が航行できる湖としては」世界最高所、とされているようです。

◎質問者からの返答

ハイ、同じ回答、ご苦労様。


4 ● deep01
●1ポイント

http://www.kit.hi-ho.ne.jp/maxjc/Comentario-02.htm

追伸... (2)

面白い事が書いてありました。

回答になっていないかも知れませんが、チチカカ湖はスペイン語で湖と言えば通常”Lago”と言われるのに対し、同じ南米チリにある海抜4,600?にあるチュングラー湖は地元のスペイン語で”Lago Chungara”または”Laguna Chungara”という。”Laguna”は湖より規模の小さなものをいう。つまり沼など。

チチカカ湖より小さい湖を湖と認めないのかも知れませんね。

全て沼?

◎質問者からの返答

「湖」と「沼」の違いですか。

一番目の回答「大湖」と共通した物がありますね。

実は一番目にコメントつけたつもりが、何故か

うまく入ってなかったので、ここにつけます。

実は、チベットのプマユムツォ湖も、けっこう

大湖です。この湖にゴムボートを浮かべれば、

船舶が航行している湖として通用しちゃうわけ

だし。

だから単に「ソコにフネがあるから」では回答

とは認めません。

本当に「船」が理由にあるのならそれでもいいけど

チャンと納得できる理由がそこになければならない

わけです。


5 ● nankichi
●5ポイント

http://66.102.7.104/search?q=cache:VnegZ94qMD4J:soejima.to/b...

日本大百科事典から。

可航水面がキーワードです。

ティティカカ湖(てぃてぃかかこ)Lago Titicaca南アメリカ、アンデス山脈中部、ペルーとボリビアの国境にある湖。アルティプラノ高原の北部に位置する。面積8140平方キロ、最大深度270メートル。水面の標高は3812メートルで、可航水面としては世界最高である。ペルー側のプノとボリビア側のガキを結ぶ定期船がある。湖水の温度はつねに11〜12℃を示す。その大部分は蒸発により失われるが、一部は南端からデスアガデロ川として流出する。湖の周囲の平地は、アルティプラノ高原のなかでは降水量も多く、気温の変化も小さい農耕の適地で、古くから先住民アイマラの居住地として開かれてきた。大麦、ジャガイモ、キノア(小粒の穀物。粉にしてパンをつくる)などの作物の栽培や、ヒツジ、ラマ、アルパカなどの家畜の飼育が盛んである。湖では、インディオが独特の葦舟{あしぶね}を使って漁をする。湖中には、タキリ島、ソル島(太陽の島)など、インディオの遺跡をもつ島々が浮かぶ。 <松本栄次>

◎質問者からの返答

繰り返しになりますが、「可航水面」だけでは、

ゴムボートでも同じ事になります。

なぜ「フネ」がキーワードにならなきゃならない

のかと……。


1-5件表示/13件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ