人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

話し合いにおいて、相手の意見に流されない為には、どうすれば良いでしょうか?

●質問者: nekomilk
●カテゴリ:生活
✍キーワード:意見
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 12/12件

▽最新の回答へ

1 ● shimazakikan
●13ポイント

http://www.human.tsukuba.ac.jp/~hkaiho/metcogo.html

流されている自分を客観的に見つめるもう一人の自分をを常に意識できるように訓練する.

◎質問者からの返答

ありがとうございます!


2 ● nazumiyama
●13ポイント

http://www.ecareer.ne.jp/ARTI/bs/

いろいろなシーンが考えられるので、一概には言えませんが、まず基本的なことは、

相手の話を良く聞くことです。相手の話のポイントを整理しながら、特に肯定的な

部分に着目していくのがミソだと思います。相手の話を聞いている途中から反論を

考えてしまうと、それだけで、頭がいっぱいになって、結局相手の話を聞いただけに

終わります。相手の話と自分の言いたいことの共通点(共有できるところ)をまず、

探してみましょう。そして、表向き、相手の話しで、事が進んでいるようにして、

徐々に自分の考える方向へと近づけていけば、折り合いもいいし、相手の自尊心も

傷つけません。

話し相手は、常に尊重するということが、普通のシーンでは必要だと思います。

無理に、自分のペースにしようと構えて掛かるのは、力の無駄でもあります。

◎質問者からの返答

おぉ。なるほど〜。ありがとうございました!


3 ● coga
●13ポイント

http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?KEYWOR...

グサリとくる一言をはね返す心の護身術 による検索結果: 紀伊國屋書店BookWeb

そんなあなたに、お勧めの一冊。

書籍 グサリとくる一言をはね返す心の護身術

著者: バルバラ・ベルクハン /瀬野文教

出版社:草思社、ISBN:4794211325、サイズ:単行本 / 197p 、発行年月: 2002年 04月 、本体価格:1,300円 (税込:1,365円)

上の方が書いているように、客観的に自分を見つめつつ、相手の言うことも「なるほど、なるほど。」と汲むべきところは汲む。これって、大事でしょう。流されないように、自分をしっかりもちすぎると、それが過度になればただの自己中心主義になってしまいますから、相手の言うことにも聞く耳はもちましょうね。

◎質問者からの返答

ありがとうございました!


4 ● morningrain
●13ポイント

http://tanokura.web.infoseek.co.jp/dot_memo/honbun.html

点メモ法とその歴史

まず、相手の言い分を冷静に聞くことが大切になってくると思うので、メモを取りながら相手の話を聞くといいのではないでしょうか?そして、少しでも「おかしいな?」と思ったらその部分をチェックしていきます。そうすると、相手の意見の欠点が見えてきて、相手のペースを崩すきっかけが見つかると思います。

URLは点メモというメモの取り方についてのページ。あまりいい解説ではありませんが、この点メモとは相手の言ったことを単語で書き出し、それを線でつないでいくメモの取り方です。

◎質問者からの返答

ありがとうございました!


5 ● くまっぷす
●13ポイント

http://www.ecareer.ne.jp/ARTI/bs/0309/17.html

ここのサイト、いろいろ書いてありますが、このページにある「交渉限界点を決めておく」というのは大事だと思います。そこに近づいたら議論をいったん打ち切るなり方向を変えるなりするわけです。

◎質問者からの返答

ありがとうございました。


1-5件表示/12件
4.前の5件|次5件6.


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ