人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

おすすめの1冊(2冊でも3冊でもいいですが)を教えてください。

ただし、下記にあげる「少年少女向け文庫」に限ります。

偕成社文庫( http://www.kaiseisha.co.jp/ )

講談社青い鳥文庫( http://shop.kodansha.jp/bc/aoitori/index1.html )

岩波少年文庫( http://www.iwanami.co.jp/hensyu/jidou/ )

フォア文庫( http://www.4bunko.com/ ):岩崎書店、金の星社、童心社、理論社の4社による共同企画の文庫です。

福音館文庫( http://www.fukuinkan.co.jp/bunko/index.html )

必ず感想を書いてください。なぜ、おすすめかというポイントを強調していただけると、さらに感謝です。

よろしくお願いします。

●質問者: snobby
●カテゴリ:書籍・音楽・映画
✍キーワード:おすすめ フォア文庫 ポイント 偕成社 共同企画
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 23/23件

▽最新の回答へ

1 ● co_met
●12ポイント

宇宙人のしゅくだい (講談社青い鳥文庫)

宇宙人のしゅくだい (講談社青い鳥文庫)

  • 作者: 小松 左京
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • メディア: 新書

小松左京の子供向けの短編集です。小松氏の子供たちへの暖かいまなざしを感じられるような、ユーモラスなSF童話でして、よく弟が楽しそうに読んでいました。

◎質問者からの返答

ありがとございます。

上記の文庫には、いわゆる古典的児童文学も含まれているのですが、いちばんに小松左京氏のSFをあげていただいて、感謝、です。


2 ● Ten
●12ポイント

http://www.bk1.co.jp/cgi-bin/srch/srch_detail.cgi/41600e6a5be670...

オンライン書店ビーケーワン:怪盗クイーンはサーカスがお好き 講談社青い鳥文庫 174?11

怪盗クイーンはサーカスがお好き (講談社青い鳥文庫)

怪盗クイーンはサーカスがお好き (講談社青い鳥文庫)

  • 作者: はやみね かおる
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • メディア: 新書

作者のファンだったので、手に取ってみたのですが、

非常に面白かったです。

読んで行くうちに、

クイーンがどうやって盗みを進めるのだろうか…。

と、どきどきします。

最後は「アッ」という結末が待っています。

オススメは、内容もそうですが、綺麗なイラストです。

このイラストも手伝って、非常に読みやすい本だと思います。

◎質問者からの返答

あ、これは未読ですが、講談社青い鳥文庫の編集部の眼力を信じて、買ってみようかな〜と思います。


3 ● stnet
●12ポイント

冒険者たち―ガンバと15ひきの仲間 (岩波少年文庫 (044))

冒険者たち―ガンバと15ひきの仲間 (岩波少年文庫 (044))

  • 作者: 斎藤 惇夫
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • メディア: 単行本

ガンバの大冒険の原作ですね

小学生のときものすごく感動して、今でも好きな小説のひとつです

◎質問者からの返答

『ガンバの大冒険』ー名作ですよね〜。

ノロイも子ども心にはけっこう怖かったです。

ありがとうございます。


4 ● kamikio0910
●12ポイント

銀河鉄道の夜 (岩波少年文庫)

銀河鉄道の夜 (岩波少年文庫)

  • 作者: 宮沢 賢治
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • メディア: 単行本

注文の多い料理店―イーハトーヴ童話集 (岩波少年文庫 (010))

注文の多い料理店―イーハトーヴ童話集 (岩波少年文庫 (010))

  • 作者: 宮沢 賢治
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • メディア: 単行本

やっぱり宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』と『注文の多い料理店』がおすすめです。

少年期には一度は宮沢賢治にふれてほしいですね。

宮沢賢治の作品は、とてもすてきで子ども達に夢をあたえますよ。

教科書にのっていたり、芸術鑑賞等で演劇なども一度は見たりしていると思いますので、とても親しみやすくて、入りやすい本だと思います。

◎質問者からの返答

もともとの菊判の『銀河鉄道の夜』も健在ですよね。

『銀河鉄道999』も『ポーラー・エクスプレス』も及ばぬ詩情がありますよね〜。

ありがとうございました。


5 ● TomCat
●12ポイント

大草原の小さな町―ローラ物語〈2〉 (岩波少年文庫)

大草原の小さな町―ローラ物語〈2〉 (岩波少年文庫)

  • 作者: ローラ・インガルス ワイルダー
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • メディア: 単行本

この楽しき日々―ローラ物語〈3〉 (岩波少年文庫)

この楽しき日々―ローラ物語〈3〉 (岩波少年文庫)

  • 作者: ローラ・インガルス ワイルダー
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • メディア: 単行本

わが家への道―ローラの旅日記 (岩波少年文庫―ローラ物語 (3036))

わが家への道―ローラの旅日記 (岩波少年文庫―ローラ物語 (3036))

  • 作者: ローラ・インガルス・ワイルダー
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • メディア: ?

私のお薦めは、岩波少年文庫から、

ローラ・インガルス ワイルダーの「ローラ物語」のシリーズを。

「大草原の小さな町」をはじめとするこのシリーズは、

身近にあって気が付かないような大切な宝物、

たとえば家族というものの素晴らしさ、

人と人とのつながりの中で成長していくことの大切さなどを気付かせてくれますし、

誠実であることの尊さや、

壁に阻まれた時にどうするべきかといった指針なども、

様々に示唆に富んだエピソードで、

書物の中ではあっても、リアルに「体験」させてくれます。

この本は、人生を豊かにしてくれます。

少年の日にはもちろん、大人になった元少年少女にも、

ぜひお勧めしたいシリーズです。

◎質問者からの返答

ローラ・インガルス ワイルダーのシリーズも文庫で読めるのですね〜。

わたしは福音館のシリーズで読んだ覚えがあります。

ありがとうございました。


1-5件表示/23件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ