人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ライブドアがニッポン放送株を買うための資金調達として転換社債(CB)を発行しました。
この手法は、MPO(Multiple Private Offering)と呼ばれる手法で、昨年の三菱自動車の優先株の手法と似ているそうです。
この手法について解説しているサイト、書籍、等ありましたらご教示いただけると幸いです。
英文でもかまいません。また有料サイトでもかまいませんが、高すぎるのは勘弁してください。
ここで検索してみては?というのもNGです。
よろしくお願いいたします。

●質問者: db3010ss
●カテゴリ:ビジネス・経営 政治・社会
✍キーワード:サイト ニッポン放送 ライブドア 三菱自動車 優先株
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● hamao
●30ポイント

http://www.nomura.co.jp/terms/m/mpo.html

こんなグーグル最上位は読んでいるでしょうのでしょうが下方修正条項付CBに当たります

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4492711015/hatena-q-22

Amazon.co.jp: 転換社債・ワラント債の基礎知識: 後藤 猛: 本

これが網羅した基礎資料としては良いですが、

http://www15.ocn.ne.jp/~hiro-hmx/mscb.htm

MSCBに関する一考察 (1)MSCBの概要

ネットではこの方のが(これもグーグルトップですが)

http://hw001.gate01.com/~k-labo/Stock/FAQ/MSCB.htm

MSCB

http://d.hatena.ne.jp/toride7472/20040809

http://www.tez.com/blog/

isologue - by 磯崎哲也事務所

◎質問者からの返答

早速のご回答ありがとうございます。

エクイティファイナンスにはあまり詳しくないので勉強になります。

堀江社長が命かけてますって言ってたのがよくわかります。

MSCBはちょっとナニな会社が発行している例が多いのですね。

引き続き情報をお待ちします。


2 ● morningrain
●30ポイント

http://blog.livedoor.jp/takeponn7/

このBlogの1月23日から今までの記事が参考になると思います。MSCBについての解説もありますし、MPOとの違いというのにも触れられています。何より、話が具体的なのでわかりやすいです。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

状況がだんだんと飲み込めてきました。

こうした情報がライブドアお膝元のブログで見られるとは、さすが太っ腹。

平成教育委員会を放送差し替えにしたフジテレビとは懐の深さが違うのかも。

フジサンケイグループにはやはり風雲児が似合うのか。

創業者(故水野成夫氏)も二代目総帥(故鹿内信隆氏)もバリバリの風雲児でしたからね。


3 ● fugou
●30ポイント

http://blog.livedoor.jp/livedoorIR/

日々の生活 - livedoor Blog(ブログ)

渦中の人の感想

http://www.minori.com/archives/law/2004/12/post_100.html

その良否について

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

熊谷さんはブロードキャスターにちょこっと出てましたね。

いくら前々から検討していたとはいえ、一週間足らずでクロージングするなんて、まさに殺人的ですねぇ。

どこの弁護士がやったんだろ?


4 ● billy37
●30ポイント

http://members.at.infoseek.co.jp/j_coffee/index.htm

http://www.mineral.to/~j_coffee/bbs/bbs.cgi

NEW 喫 茶 掲 示 板

多分、ご存知かもしれませんが、今話題に

なってましたので。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


5 ● fugou
●10ポイント

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478210454/hatena-q-22

Amazon.co.jp: 経済学をめぐる巨匠たち (Kei BOOKS): 小室 直樹: 本

最初の質問から3日ほど経ちましたね。堀江氏の考え方が鮮明になってきました。業務提携をしたいという初期の記者会見でしたが、ニッポン放送側が拒否したため、彼は自分の考えをはっきりさせましたね。それは会社の乗っ取りであり、テレビとラジオを自らの発信、複合通信のツールとして使用するというスタンスです。掲げた本は資本主義の本質に迫ります。資本主義の敵は合理性にあり、創造的破壊者の登場により絶えず向上してゆくという趣旨です。堀江氏の行動はこの創造的破壊者に値します。それゆえに停滞した資本主義経済には有用なのですが、MPOの手法を用いたことは危険であったでしょう。革命が確実性を喪失し、ギャンブルになってしまいましたから。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

個人的には堀江さんの挑戦を応援しています。乗っ取りといわれようとも、フジサンケイグループの成立過程も似たようなものでしたから、それも時の流れと思います。

ただ、堀江さんはしゃべりすぎなような気もします。わざとやってるのかもしれないけど、最初の記者会見でニッポン放送をフジテレビの株と言い間違えたり、フジサンケイグループを支配すると放言してみたり、「フジテレビの」日枝会長を評して、大株主に会いにこないのはおかしいといってみたり。ビジネスパートナーにと考えている人に恥をかかせていいことは一つもないと思うのですが。


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ