人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

日本の法律において競走馬はどのような資産の位置づけになるのでしょうか?例えば競走馬の馬主が死亡した場合の遺産相続や、譲渡、破産した場合や何らかの理由で馬主たる資格を有せなくなった場合、競走馬はどのように資産配分をされるのでしょうか。詳しくわかるようなサイトがあれば教えてください。

●質問者: mizore_a
●カテゴリ:趣味・スポーツ
✍キーワード:サイト 法律 相続 破産 競走馬
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● morningrain
●33ポイント

http://www2.odn.ne.jp/~cak58090/souzoku/souzokuzei1.htm

まず、このサイトの【相続税のかかる財産】一覧にあるように競走馬も資産です。資産の種類は「その他の財産 趣味用品」というカテゴリーでヨットやゴルフ会員権などと同じものです。

http://www.office-kiriyama.com/souzoku-omakase/souzokuzaisan.htm

相続財産の調査・評価〜(仙台市)行政書士桐山事務所

ゴルフ場会員権の場合は相続時の評価は「会員権もいくつかの形態や種類に分かれますが、取引相場のあるものは「取引価格の70%相当額」です。」とのことです。もし、所有の競走馬がセリで取引された直後の馬だったりすると、このような形で資産価値が決められ、相続人の誰かが相続、あるいは第三者に売却し、そのお金を分けるということになると思います。

もうすでに走っている競走馬の場合はかなり評価が難しそうですが、書画骨董などは鑑定家が鑑定しているので、鑑定が行われるのでは?と思います。

http://www.nikkankeiba.com/jra50/47/47.html

日刊競馬で振り返る名馬 - オグリキャップ(1990年・第35回有馬記念)

なお、「破産した場合や何らかの理由で馬主たる資格を有せなくなった場合」に関しては他の馬主に売却されるのが普通ではないでしょうか?オグリキャップは馬主が馬主の資格を喪失していたため他の馬主にリースされたりしていました。

◎質問者からの返答

馬主がころころ変わったり、複雑化してると法的な手続きがめんどくさそうですね。すでに走ってる競走馬の場合など気になります。回答ありがとうございます。


2 ● sami624
●33ポイント

http://www.tabisland.ne.jp/explain/kakutei5/kak5_603.htm

VI-3・4 譲渡所得の対象となる資産と対象とならない資産

一般の資産と同様ですね。

賃貸住宅や有価証券のように、資産が法定果実を生む資産としての位置づけですね。

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。生活に通常必要でない資産というカテゴリも面白いですね。


3 ● jo_30
●33ポイント

http://www.manekineko.ne.jp/hy1950/soneki%20tuusan.html

服部税理士事務所-所得税-損益通算

競走馬は「生活に通常必要でない資産(施行令178条)であり、かつ動産であるもの」と位置づけられているようです。

http://www.netkeiba.com/community/phorum-3.4.2_rc1/read.php?f=2&...

個人が所有している競走馬なら、従って、普通に競売等にかけられることになり、引き取り手を探すことになるでしょう。

URLはさる牧場が破産した時に、その牧場が所有していた馬がどのようになったかについてさる掲示板で話題になっていた内容です。

http://www.mof.go.jp/singikai/kinyusin/gijoroku/b110423.htm

金融審議会

ただし、競走馬を「馬」として捉えた場合の話ではなく、(たとえば一口馬主のような場合も含め)一種の「金融商品」と考えた場合の資産配分はどうするか?という問題もあります。それについては、こちらのURLで少し触れているようですので、ご参考まで。

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。一口馬主というのもあるんですね。


4 ● TaC
●1ポイント

http://www.moj.go.jp/

法務省

◎質問者からの返答

ちょっと回答がおおさっぱすぎます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ