人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

小説評論家のコメントに、「無駄も不足も
無い小説構成には、つけ入る隙がない」
と、書いてありました。
そこで、お尋ねします。
「そのような小説に出会ったことがありま
すか」
「ありましたら、作品名と読後感を教えて
ください」。短文・長文OK。
あっても、無くても回答とします。真面
目、不真面目もOKです。ポイントは15。
約10名ほど。コメントはつけませんの
で、ご了承ください。

●質問者: suspense
●カテゴリ:趣味・スポーツ 生活
✍キーワード:コメント ポイント 小説 無駄 評論家
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 9/9件

▽最新の回答へ

1 ● kugenumac
●15ポイント

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101050074/hatena-q-22

Amazon.co.jp: 潮騒 (新潮文庫): 三島 由紀夫: 本

三島由紀夫『潮騒』が思い当たりました。

短い小説ですが、無駄も不足もない。

つけ入る隙がない、という気がします。

若さと老い、

男と女、

父と娘、

母と息子、

個人と地域共同体(コミュニティ)、

財産と相続、

海と山、

人間と神、

といったテーマが実にみごとに収まっています。


2 ● So-Shiro
●15ポイント

http://www.aozora.gr.jp/cards/000879/files/69_14933.html

芥川龍之介 河童 どうか Kappa と発音してください。

芥川龍之介『河童』

太宰治の『人間失格』をさらに削りに削ったという読後感です。

もちろん文学史的には、芥川→太宰なのですが、情緒過多の太宰は一人では死ねなかったのでしょう。芥川の知性には感服するものがあります。彼の生きた時代を考えると「自死」もやむなし、という気がします(賛美するわけではありません)。


3 ● noda073
●15ポイント

Amazon.co.jp: 水に眠る (文春文庫): 北村 薫: 本

あまり有名ではありませんが、水に眠るはどうでしょうか。


4 ● hamao
●15ポイント

http://www.asahi-net.or.jp/~tu3s-uehr/take-txt.htm

竹取物語

古典の学習の時に、あまりにも短くてビックリしました。いわゆる昔話の話が決してダイジェストではなかったんだな…と。本当に最短でギッシリと詰めこんでいた物語だなと感じました。


5 ● tnkataknt
●15ポイント

http://plaza.rakuten.co.jp/onisoto/diaryold/20040316

福内鬼外(月日が往く) - 楽天ブログ(Blog)

辻邦生『安土往還記』です。

後に『背教者ユリアヌス』『春の戴冠』『フーシェ革命歴』のような堅牢な構成の歴史小説を執筆する彼ですが、本質は『ある生涯の七つの場所』を構成するようなきっちりとした短編を得意とする作家だったと思います。

初期の作品である『安土往還記』は、その本質が生かされた中編だと思います。織田信長を、これだけ鮮烈に描き出した作品には、これまで出会ったことがありません。


1-5件表示/9件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ