人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

木を境界杭として用いる場合、どの種類の木がいいとか、あの種類の木は悪いとか、素材の善し悪しについて言及のあるページはないでしょうか。
或いは、木材の経年耐久性について言及されたページはないでしょうか。
よろしくお願いします。

●質問者: takashimada
●カテゴリ:政治・社会 科学・統計資料
✍キーワード:木材 耐久性
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● jack0228
●100ポイント

http://www.zenmori.org/kanbatsu/jigyou/zantei/sisin.htm

森林土木木製構造物暫定設計指針

こちらのページの中ほどの表に

最大(9年以上) カヤ、コウヤマキ

大(7.0〜8.5年) ヒノキ、サワラ、アスナロ、ヒバ、クリ、ケヤキ

中(5.0〜6.5年) スギ、カラマツ、アカマツ、クロマツ、ミズナラ、アラカシ、シラカシ

小(3.0〜4.5年) モミ、アカガシ、ブナ、コナラ

最小(2.5年以下) トドマツ、シラカンバ、エゾマツ、クスノキ

とあります。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

なるほど、こういった団体で、このような研究もやっているんですね。


2 ● sami624
●0ポイント

http://www.fan.hi-ho.ne.jp/nbr-k/kui.htm

杭の種類

木製の杭です。

http://www.valley.ne.jp/~nakatass/tochi/tochi.htm

これは永久境界杭ではありません。劣化しやすいこともあり、早急に?〜?の永久境界杭にされると良いでしょう。

→原則的な考え方です。

http://www.office-nishide.com/newpage28-kyoukaihyou.html

境界標の種類、境界標の管理

木杭 腐食が早く、永続性がないので、仮杭、予定杭などにしか使用しません。

http://www.pref.nagano.jp/jyuutaku/kentiku/kouko/suwa.htm

木杭の種類は、松材同等の耐久性のある生材を使用し、末口径120?以上、長さ3m以上及び間隔2m以下とし、外皮を剥ぎ常水面下に打込むものとする。

→木杭は外気に触れると酸化して腐食するため常水面下に打込むものです。基本的にはお勧めできない素材のようです。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。



●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ