人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ボクシングでセコンドとかセコンド・アウトとかいう言葉がありますが,英語ではこんなのあるのでしょうか.和製英語としても一体この語源はどこにあるのかよくわかりません.どなたかこの言葉の起源を教えてください.

●質問者: daemon
●カテゴリ:趣味・スポーツ
✍キーワード:ボクシング 和製英語 英語 語源 起源
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● ed_tks
●18ポイント

http://www.kenkyusha.co.jp/tobira/tobira3.html#c0102

『初期のボクシング試合(boxing match)で初期のボクシング試合(boxing match)では、ボクサーはそれぞれ、コーナー(corner)に2名の助手(assistant)を置いてもいいことになっていた。これらの助手は自身もボクサーである場合が多く、次の試合、あるいは現在の試合が早く終わりすぎた場合の代替試合にそなえて待機していた。このように第2試合(second match)に出場する選手という意味で、「セコンド」(second)と呼ばれるようになったのである。』

『英語雑学面白読本』p.241より

2001年2月号広告頁(英語青年・時事英語研究)掲載


2 ● hamao
●18ポイント

http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A5%BB%A5%B3%A5%F3%A5%...

2人目の選手という意味合いなのですが…

セカンドです


3 ● omattya
●17ポイント

http://www5a.biglobe.ne.jp/~workshop/sport.htm

ここの真ん中あたりに説明がありますよ!

◎質問者からの返答

なるほど.そういう起源だったのですね.

しかしなぜ日本ではこの言葉を使い続けているのだろう...

アメリカでセコンド・アウトって言ってるのでしょうか.ジョー小泉さん.


4 ● moonan
●17ポイント

http://boxing.org.au/ba/documents/aus%20championships%20comp...

リンクはPDFですのでご注意

セコンドはsecondで、「二番目の」、とか「秒」とかいう意味で「セカンド」として日本語に入ってる語と同じです。もともと「〜に続く」という意味合いの語根からきているので、「補佐、支持する」「介添えする」という意味もあり、ボクシングの介添え人の意味もあります。(ちなみに理工学系の用語sequence「シーケンス」も同源)

でも”second out”では、secondは介添え人の意味としても可算名詞ですからいかにも和製英語っぽいですね。たぶん”seconds out”ではないかとググってみたら、ビンゴ!それでいいようです。

以下、上記リンクのオーストラリアのチャンピョンシップのルールから抜粋。

b)Five seconds before the commencement of each round he or she shall clear the ring by ordering ”clear the ring” or ”seconds out”.

各ラウンドの開始5秒前に、「リングから出てください」か”、seconds out”と指示します。

◎質問者からの返答

おお,使うんですね.”seconds out”

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ