人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

去年、それまで住んでいたマンションを売却して新しいマンションを購入しました。
売却しても負債(ローン)が残り、その負債を合わせて新しいマンションのローンを組みました。
税務署から、不動産の売却等で確定申告に必要になる申請書Bが送付されましたが、購入等で必要になる申請書Aが送付されません。
私のようなケースでは、申請書Bのみでいいのでしょうか?
銀行からは新しいマンションローンの残高証明が送付されています。
申請書Aも申請した方が、より税金が戻ってくると思うのですが…

●質問者: junsep21
●カテゴリ:政治・社会 経済・金融・保険
✍キーワード:マンション 不動産 確定申告 税務署 税金
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● maronjunia
●15ポイント

http://biz.yahoo.co.jp/tax/kakutei/info/c-01-page.html

Yahoo! Finance (not found)

新規でのローン控除はまた確定申告の会場で申請をしなければいけません。

2年目からは用紙が手元にありますが最初の1年は自分で申請しないといけないので用紙がないのだと思いますよ。


2 ● sami624
●20ポイント

http://www.taxanser.nta.go.jp/1210.htm

現在この控除を受けているということで宜しいのでしょうか。

http://www.taxanser.nta.go.jp/3370.htm

恐らくこちらの手続きについてかと思われます。

http://www.taxanser.nta.go.jp/3379.htm

具体的には、こちせの方法を取ることで、損益通産手続きが出来るということです。


3 ● akaneko0226
●25ポイント

http://www.hatena.ne.jp/akaneko

譲渡損失の申告で04年の所得よりも住宅の売却損がある場合には最高3年先まで繰り越せます。

必要書類は確定申告書B、確定申告書(分離課税用)、確定申告書(第4表)(損失申告用「一」と「二」、譲渡所得の内訳書(計算明細書)、居住用財産の譲渡損失の金額の計算に関する明細書)、翌年以後に繰り越される特定居住用財産の譲渡損失の金額の計算書。

自分で用意するもの。

譲渡した資産の購入代金などがわかる書類(売買契約書など)、登記簿謄本、仲介手数料など譲渡費用の支払い金額がわかる書類(領収書など)、住民票など、源泉徴収票、印鑑

これらが必要になります。

申請書Aも記入して税務署に行って相談すると良いでしょう。

◎質問者からの返答

もし申請書Aも提出する場合、申請書AとB用に2枚の源泉徴収票が必要でしょうか?

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ