人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

教えて下さい。隣地とのトラブルなのですが、新築を立てたて、建築確認も取れておりますが隣家とのベランダとの15センチしか離れておらず文句をいわれております。法的に問題なのでしょうか?

●質問者: seiji2
●カテゴリ:学習・教育 政治・社会
✍キーワード:センチ トラブル ベランダ 建築確認 新築
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● houkiike
●18ポイント

http://npo.house110.com/J110/kiji300/J110_377.shtml#j2181

住宅クレーム110番 2004/09/18

ベランダも建築物という解釈です。

http://tantei.web.infoseek.co.jp/line/kentiku.html

隣人との土地境界トラブルの予防

民法は「建物を建築するには境界線から50センチメートル以上の距離をおかなければならない」と規定しています。

◎質問者からの返答

ありがとうございます


2 ● bouzu_gokaku
●18ポイント

http://www.hatena.ne.jp/

はてな

結論からいいますとこの件は地元の法律の専門家に相談するのがいいと思います。なぜならお住まいの地域によって扱いが異なると思われるからです。

一般論としては民法234条で「建物を築造するには境界線より50センチメートル以上の距離を存することを要す」とあります。

しかし建築基準法65条というのがあり「防火地域・準防火地域内において外壁が耐火構造の建築物を隣地境界線に接して建築することを認める」とあるのです。

この建築基準法と民法の優劣が以前最高裁まで行き争われました。結果建築基準法を優先する判決となりました。

しかしお住まいの地域の条例などで更に変わってくるはずです。

◎質問者からの返答

ありがとうございます


3 ● sami624
●17ポイント

http://www.sankeigroup.com/str-term-c-hoyuukyori.htm

建築用語辞典C保有距離

先ずは、用語の定義から。

http://sumai.nikkei.co.jp/know/soudan/case_etc20040512i7000pf.ht...

続いて一般法である民法上の規制がこちらです。

家と家との間隔、つまり境界線からの距離につき、民法には境界線から50センチメートル離さなければいけないという条文があります(民法234条)。

→民法にいう50センチメートルがどこからどこまでの50センチメートルかということです。答えは、境界線から柱(壁)芯の距離をさします。

http://www.m-kouiki.or.jp/reiki_int/honbun/ab30050171.html

建築確認が降りていれば、違法建築ではないので、法律上の問題はないでしょう。但し、今後長年の付合いとなるでしょうから、事前に交渉をしたほうが良いですね。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


4 ● kenchang
●17ポイント

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1198283

家の前に新しく住宅が建つのですが・・・ - 教えて!goo

建築基準法上は、隣地境界からの距離は定められていない、と思います。建築確認も済んでいらっしゃるようですので、建築基準法上の問題で、例えば市の監察課などに指導を受ける可能性は低いと思います。しかし【民法】第234条(境界線付近の建築制限)では建物をするには境界線より50センチメートル以上の距離を存することを要す、とあります。もちろん平和的に解決できればよいのですが、そうも行かないようですので法廷で争えば法的に問題があるということになるかもしれません。下のURLも参考になると思いますので是非。

http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/07/1912/hirado/kentiku.htm

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ