人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「夜回り先生」こと水谷修氏が、上智大学哲学科卒であることは知っているのですが、その学生時代のエピソードなど(入学&卒業年度や専攻、部活動など何でも)、何かおわかりの方いませんでしょうか。

●質問者: salam
●カテゴリ:学習・教育 生活
✍キーワード:上智大学 卒業 哲学 夜回り先生 学生時代
○ 状態 :キャンセル
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● siigimaru

http://www.jinken.ne.jp/child/mizutani/mizutani1_2.html

ふらっと -子ども- 水谷修さん

水谷氏と言えば、薬物反対運動って感じがします。

◎質問者からの返答

質問、読まれましたか?

どんな「感じ」か尋ねているのではないのですが。


2 ● nekogohan

http://www.mainichi-msn.co.jp/kurashi/kokoro/yomawari/

単純に検索すると、コレになりますよね。

◎質問者からの返答

ですから、質問文を読んでください。

「単純に検索する」ことは私にもできます。

私は、学生時代のエピソードが知りたいのです。


3 ● koro041220

http://www.hatelecom.or.jp/city/html/jidaiwokataru.04.10.29

上智大学入学の年だけは分かりますが……

http://www.gctv.ne.jp/~no-side/mizutani.html

こちらも入学の年だけですね。

◎質問者からの返答

...がっかり。


4 ● newmemo

http://www.aguni.com/hon/review/back/173.html

2004.7.20.発行 vol.173 [書店員のPSTD 号]

テレビ番組で知っただけで本書を読んでなかったのですけど、

水谷先生が自らの学生時代を語っているようです。夜の街で

生きていたらしいです。

> 「夜回り先生」水谷修 サンクチュアリ出版

> この本の中に出てくる子どもたちは、いずれも悲惨な境遇の中で生きていた。

そんな話の間に、このセンセの育った境遇が少しづつ語られていくのだが、や

はりあまり幸せな子供時代を過ごしていない。そして彼自身も、大学時代には

夜の街で生きていた。

> そんな中、彼に転機が二回訪れる。一回目は、彼を更生させようと母が用意し

たドイツ遊学。ここで彼はマフィアの虜にされた日本人売春婦の奪還にかかわ

る。しかし日本に帰ってみると、再び夜の街の住人に戻った。彼を夜の世界か

ら足を洗わせたのは、ある大学教師である。それから彼は教師を職業にすると

決めたのだった。

◎質問者からの返答

すみません、知りたいことへの回答が得られませんでしたので、キャンセルさせていただきます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ