人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

語学を学びたいことと、異国の文化・社会に津いつ知りたいを理由にする高校留学は良いと思いますか?〔高校留学をする理由で悩んでるもので〕

●質問者: sukkiri
●カテゴリ:学習・教育 旅行・地域情報
✍キーワード:文化 留学 社会 語学
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 18/18件

▽最新の回答へ

1 ● ta_ta
●12ポイント

http://www.hatena.ne.jp/

はてな

URLはダミーです。

語学は元より、異文化について知りたいというのはかなり留学をする理由になると思います。

語学は日本国内でも学べますが、文化や社会だけは実際にその国に行ってみなければわかりませんので…。

むしろ行ったとしてもわからない場合もあります。

どちらの国をご希望かはわかりませんが、事前に宗教や文化について

しつこいほど学んで行ったらベターだと思いますよ(*^^)

特に宗教とのつながりが深い国ですと大問題に発展しかねませんので…。


2 ● neoarcheologist
●12ポイント

http://www.yahoo.co.jp/

Yahoo! JAPAN

高校留学といっても、いろいろだと思いますが、何年ぐらい行くつもりでしょう?あと、個人の資質にもよって、いいか悪いか分かれるので、一概には何ともいえないです。

1年だけとかいうのであれば、それほど語学が上達しない可能性があります。平均的な高校生であれば、2年目か3年目ぐらいで、授業がやっと理解でき始めるのではないでしょうか。それに、帰ってきたとき日本の高校の勉強が遅れたり、学年を下げないといけない、とかいうのも可能性としてありますよね。通われている日本の高校での、留学経験者に対する扱いがどうなのか、調べる必要があります。たとえ留年しないで卒業できたとしても、大学に進学する場合、短期間で受験準備をしないといけないので、厳しいかもしれません。そういうデメリットを理解した上で、行くメリットがあるとすれば、本人がよほど優秀な場合に限ると思います。

高校留学で、一番いいのは、最低2年留学して、海外の高校を卒業することですよね。ご両親の経済状況がよければ、こちらをオススメします。これだと、語学もそこそこには上達し、日本の大学進学にデメリットは少なくなります。留学経験者を別枠でとってくれる大学があります。日本での勉強のブランクがあるかわりに、海外での勉強の成果を評価してくれます。まず、高校留学の先を見据えて、大学に進学するのなら、どこの大学に行きたいのか考え、入試について調べてください。海外でそのまま進学する際にも、高校の2,3年で十分でしょう。

これは、平均より優秀な高校生を想定しての回答です。もちろん、2,3年留学して、語学が相変わらずで勉強もダメ、という人もいます。ダメな人は全くダメです。成果があがらなければ、日本での進学もダメですね。留学すれば、いい大学に入れるだろうと思いがちですが、甘くありません。


3 ● kenchang
●12ポイント

http://www.hatena.ne.jp/

はてな

urlはダミーです。留学することは、決まっていないようですね。語学だけをマスターするなら、国内で勉強できるんではないでしょうか?

やはり、その国の人や社会、文化に興味が持てることが一番大切なことですね。どのくらいの期間かわかりませんが、興味がある人なら、行ってみたらどうでしょうか?逆に興味が持てないのなら、悩むくらいならやめてもいいかもしれませんね。


4 ● ishiyosh
●12ポイント

http://yahoo.com/

Yahoo!

URLはダミーです。

日本の高校の代わりに外国の高校に入るという意味では無いですよね。夏休み等を利用した短期留学は費用に問題無い限り良いことだと思います。それ以上の期間滞在するとすれば語学修得や異文化接触の理由だけでは不十分で無駄と思います。高校時代は自らの基礎を築く大事な時期ですので、もし長期間留学するのであれば、表面的なものでなく本当にその国でなければ学べないものをどうしてもやりたいということでも無い限りあまり意味がないと思います。そして、それをするのであれば大学に入ってからの方が適当と思います。


5 ● konoha788
●12ポイント

http://www.geocities.jp/konoha788/

url ダミーです。

私は語学を勉強して、大学でドイツに短期留学したものです。私もそんな動機でした。

高校の友達3人、高校時代に留学しました。3人ともアメリカだったので、英語が話せるようになりましたが、一人は体調を壊して途中で断念したので、留年することになりました。

2人は受験のとき、英語が武器になっていました。

それは、その年齢でしか味わえない素晴らしい経験になると思います。

日本を見る目がかわったり、視野が広がります。言葉で言い表せません。

日記をつけるのはオススメです。

ただし場合によっては、あとあと仕事で苦労することもあります。

私の場合は商社でしたが、社風や社内の人と外国に対する価値観が合わなかったり、

海外ボランティアの経験のある人でアカデミックな考え方をする方が、会社で苦労してたりしました。

知らなかったほうが、日本で素直に生きれるかもしれません。

また時代も変わって、不況だから、私達の頃よりレベルの高い争いになるかもしれませんが、

まだお若いですし、留学されるなら基礎的な会話力を養うのも良いでしょう。

ただ、その後、大学や専門学校で専門を身に着けるのをオススメです。

通訳さんや翻訳家も、語学だけでなく、

「(例えば)どの分野の英語ができるか」

が重要になってきます。

英語の日常会話だけなら、話せる人いっぱいなので、その他の武器がいりますね。

次の言語もありかな。

また留学しても、語学を後の人生に使えなくて、ガッカリすることもあります。

現地での生活が長い人にかなわなかったり、それに負けないようにするには、語学を勉強し続けないといけない、という苦しみがあったり。。。

もし仕事など、のちの人生に語学を使うことができなかったら、そのときは親切にしてくれた外国の方々や、感動したものを思い出して、「決してムダでなかった」と思えますように。。。

おっしゃってるように、「文化や社会」を知ってることで心は豊かになります。

私は語学がむいてなかったので、リタイヤして普通の主婦です。

昨日、偶然バーであったドイツ人と

簡単なドイツ語で会話ができて楽しかったです。文法めちゃくちゃでも喜んでくれた。。。そういうちょっとした喜びで、今は十分です。

良い留学になることを祈っています。


1-5件表示/18件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ