人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

デジタル一眼レフカメラのAPS-Cサイズの撮像素子では、交換レンズの焦点距離イメージが135フォーマット換算で約1.6倍にと聞きました。マクロレンズで単体で等倍撮影可能な物(フィルム一眼用)をデジタル一眼で使用した場合、等倍撮影は出来ないということでしょうか?

●質問者: kazu66
●カテゴリ:趣味・スポーツ
✍キーワード:イメージ サイズ デジタル デジタル一眼レフカメラ フィルム
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● stnet
●25ポイント

http://carulli.maxs.jp/lens2/lens2.htm

機材選びは楽しいね!■交換レンズ編

下の方の「マクロレンズ」の項で

>等倍撮影とはフィルムサイズで同じ大きさに写るので、APS-Cサイズのカメラでは実物の1.5倍になります。

と有りますね


2 ● daimio_oak
●25ポイント

http://www.nikon.co.jp/main/jpn/photography/stepup/stepup12....

「等倍撮影」とは、フィルム面に映った像の大きさが、被写体の大きさと同じになるということです (当然、引き延ばしたりパソコンの画面で見たりすれば、等倍以上になっています)。

フィルム一眼でもデジカメでも、同じレンズで同じ距離から撮影すれば、フィルム面に投影される像の大きさは同じです。ただ、APS-C (23.4×16.7mm) は、35mmフィルム (36×24mm) よりも小さいので、同じサイズに引き延ばした場合には約1.6倍に大きく見えることになります。

というわけで、「等倍撮影は可能か」という質問への答えとしては、「レンズを交換する」か「少し離れて撮影」すれば可能です。

http://homepage.mac.com/renachan/photo/ccd/ccd.html

このURLに、フィルム・フォーマットの大きさの比較があります。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ