人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

TV番組でクイズや合言葉に応えてプレゼントをもらえるコーナーがあります。プレゼントのスポンサー名・放映番組名・住所・クイズの答え等をデータベース化して有料会員に配信したいと思います。ここでスポンサーや放映会社に著作権が発生するのでしょうか?自分としては、宣伝になるからいいのでは?と思うのですが、どなたか詳しい方教えて下さい

●質問者: infoq_nisi
●カテゴリ:ビジネス・経営 政治・社会
✍キーワード:クイズ スポンサー データベース プレゼント 会社
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● TomCat
●10ポイント

http://www.cric.or.jp/db/article/a1.html

著作権法

著作物の定義とは、

「著作物 思想又は感情を創作的に表現したものであつて、

文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するものをいう。」

ということですから、スポンサー名や放映番組名、

応募先住所などといった「情報」は

これに当たらないと考えることが妥当です。

しかし、プレゼント企画やクイズの内容には創作性が認められますから、

それが放送作品として成立している場合、

保護を受ける放送の一部という考え方が成り立ちます。

したがって、クイズ・プレゼントの「情報」を

ニュースとして提供するような方法であれば、

著作権法上の問題はほとんど無いと考えていいかと思いますが、

そこに「答え」を公開することは非常にハイリスクです。

場合によると、著作権法以外の部分で、

番組の企画運営を妨害したと

クレームが付くかもしれません。

答えや合い言葉などの公開の可否については、

個別に放送局との連絡を取って、

了承を得た上で行った方がよろしいかと思います。


2 ● morningrain
●40ポイント

http://www.tv-aichi.co.jp/chosaku/center.html

上記URLはテレビ愛知の著作権についての考えですが、ここに

「それ以外に、テレビ番組は、出演者・制作会社・脚本家・構成者など非常に多くの関係者の協力で出来上がっています。そのため、番組を見る事以外に、番組を利用する場合、改めて彼らの許諾を得なければなりません。つまり、きちんと権利処理をしなければ、テレビ番組を放送以外の目的では利用出来ないのです。」

とあります。

当然、クイズにはテレビ局の著作権が発生するでしょうし、クイズをつくった人の著作権というのも考える必要があると思います。

一方、世の中には「懸賞ガイド」のようなものが認められており、infoq_nisiさんの考えるサービスもそれに近いような気もします。

ただ、一般的な公募は広く知れ渡れば知れ渡るほど公募が集まり主催者も喜ぶ、という構図になりますが、infoq_nisiさんのデータベースの場合、スポンサーは喜ぶかもしれませんが、テレビ局はいやがるでしょう。なぜなら、テレビ番組を見る必要がなくなり、視聴率が低下するおそれがあるからです。特に、「番組の最中のキーワードを集めて応募する」、といった企画は番組全体を見させるための工夫であり、それを妨害する行為に見えると思います。

といったことから、infoq_nisiさんの考えるサービスに対して、テレビ局が著作権をもってサービスの停止を要求する可能性というのはあると思います。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ