人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

敵対的買収をされた企業の株主にとって最終的にメリットがあった例を教えてください.

●質問者: daemon
●カテゴリ:ビジネス・経営 政治・社会
✍キーワード:メリット 企業 敵対的買収 株主
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● morningrain
●25ポイント

http://www.sumitomocorp.co.jp/economy/trend/img/econo0305j.pdf

最終的なメリットというのがどの局面を指すのかにもよりますが(株主が短期の利益を考えているなら、敵対的買収を仕掛けられることによって株価が上昇し、株主は利益を得るはずです)、長期保有をする株主にとってもメリットは存在します。

上記URLの11ページ目に「レポート 産業再生におけるKKRの今日的意義」というのがあります。ここで書かれているようにKKRの仕掛けたさまざまな敵対的買収は、企業価値の向上につながったものもありますし、何より、経営者に株主を重視する経営をしなければならないという意識を植え付けた意義は大きいと思います。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BF%91%E7%95%BF%E6%97%A5%E6%9C%A...

近畿日本鉄道 - Wikipedia

あと、日本の古い例ですと近鉄による奈良電鉄の買収は比較的スムーズに運んだようです。

http://www2.tokai.or.jp/yoshhi/hitorigoto305.htm

☆よっしいのひとりごと☆

最近だと高松建設による小松建設へのTOBも成功して例でしょう。

あまりいいページがなかったのですが、上記URLの2003/05/15のところにちょっと書いてあります。

◎質問者からの返答

なるほどなるほど.

いろいろありがとうございます.


2 ● gamio11
●25ポイント

http://www.icr.co.jp/newsletter/report/2000/s2000TS132_2.html

InfoCom NL-レポート(世界の移動・パーソナル通信T&S)

最も大型のもので、ボーダフォン・エアタッチ(英国)とマンネスマン(ドイツ)の事例があります。

http://www.esri.go.jp/jp/mer/houkoku/0405-04.pdf

pdfファイルのP4-4以降に、次に大きい、ファイザーとワーナー・ランバートの事例があります。

何れも最終的に成功していることから、株主にとってメリットがあったと考えてよいのでしょう。

◎質問者からの返答

naruhodo

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ