人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

千代田線の古い車両に乗ると減速時にこげくさくなることがありますが、その正体を解説してあるページが知りたいです。掲示板の書き込み等は不要です。

●質問者: hayami
●カテゴリ:趣味・スポーツ 科学・統計資料
✍キーワード:千代田線 掲示板 車両
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● bubaigawara
●10ポイント

http://www4.odn.ne.jp/~eab13200/syaryou.htm

停止の際、レジン製の制輪子(自転車のブレーキのゴムみたいなもの)を車輪に押し付けてブレーキをかけるので、それが摩擦熱で焦げたときに発生する匂いのようです。


2 ● amai_melon
●10ポイント

http://hansel.xtr.jp/bbs/20050221001226.htm

ヘンゼルの館 - というわけで、電車の話

私は子どものころから電車が好きですが、おそらくそれは「ブレーキシュー」だと思います。上のページの中ほどをご覧下さい。ゴムの溶けたような何ともいえないような臭いのことを言っておられると思うのですが。ちなみに、千代田線以外の電車でも、この臭いがすることがありますよ。


3 ● MASAX
●40ポイント

http://www.remus.dti.ne.jp/~oitate/rail/mech/mech_04/index.html

車両のしくみ・その3

減速時の焦げ臭さはいわゆる「抵抗制御」と呼ばれる方式の電車で起きます。

詳しくは↑ページの「モータはブレーキでもある」を参照してください。

つまり、焦げ臭さの正体は、

「モーターを逆回転させるときの逆発熱」です。

◎質問者からの返答

「千代田線の古い車両」という点をまったく無視しているあたり、回答の水準に達していないわけですが、失望を重ねたくないのでここで終了とします。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ