人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

医療関係者あるいはセデーションを受けられたことのある患者様のご家族にお伺いいたします。
*****
最終的セデーションについて、どのようにお考えですか。
*****
難しい問題を含んでいることは承知しておりますが個人的にどのようにお感じになっていらっしゃるかお聞かせ願えればありがたく思います。
ご家族がお答えいただける場合は、実施前にどのように説明を受けたか、差し支えない範囲で結構ですので簡単に書いていただけましたら。

●質問者: paffpaff
●カテゴリ:医療・健康
✍キーワード:しゃる 医療 実施 家族 差し支え
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● hamao
●50ポイント

http://www.sal.tohoku.ac.jp/~shimizu/sedation/index.htm

末期医療におけるセデーション

おやじが肝臓癌で小便が出なくなって黄色くなってうなりながらも眠れなくなった時にお医者さんに眠れる様にすると言われたやつなのかな?

セデーションとかそういう言葉で言われた覚えは無いですけど。2週間以上ものたうちまわって可哀相だったので、眠れるようになっただけでも良かったと思うけど。

◎質問者からの返答

ありがとうございます

最終的セデーションについて

「眠れるようにする」と説明された

「眠れるようになっただけでも良かったと思う」

ということでよろしいでしょうか。


2 ● preirie
●50ポイント

http://blog.livedoor.jp/kotaroworld/

緩和ケア病棟24時 - livedoor Blog(ブログ)

私はセデーションをする側の立場です。確かにケースバイケースでひとつの答えは出ないと思います。正反対の結果もあると思います。


でも、基本は

元気な時に患者本人がどのような対応を望んでいたかを考えること。


患者の状態について医師に十分聞いて納得すること。(納得できるまで説明を求めること。そうしないとあとで後悔したり、処置に対して疑念が沸いたりする。)


する側も受け入れる側も意志の統一をはかること。(往々にして鎮静すると死期が早まることが多く、医師はそれを認識しているが家族は認識していない場合があり、トラブルの原因となる。特に医師は主治医1人の場合が多いが家族は数が多くさまざまな立場・意見の人がいるため意思の統一は難しい。)


私の場合はできるだけ早くから対応して(早くからセデーションして眠らせてしまうということではないですよ。広い意味で言うとセデーションに当たるかもしれません。)苦しくなる状況を何とか回避するように努めています。助からない場合は仮に死期を早めるとしても苦痛を取り除く治療を行う場合が多いと思いますが、ここ数年はセデーションを行った記憶はないです。(患者様は毎年数名以上はお見送りしていますが)

◎質問者からの返答

どうもありがとうございます

最終的セデーションを安楽死寄りと捉えるか、治療(というよりQOLでしょうか)の一環と思うかによっても結果は同じであってもかなり違いがあると思います


3 ● doctorhs
●50ポイント

http://d.hatena.ne.jp/doctorhs/

どくちるの雑感

セデーションする側のものです。とらえ方は様々だと思いますが、僕は基本的に悪性腫瘍などで激しく呻吟している患者さんの場合にはセデーションをあまりためらいません。鎮痛も同じです。

淀川キリスト教病院のようなホスピスなんかと一般病院では応対が違うのかもしれません。本人の意志が確認できればそれに越したことはないでしょうが、多くの場合、セデーションすることによって本人や家族が安楽できるように思います。特に終末期は家人が付きっきりのことも多く、苦しがっている家族を始終看取っていくことは並の精神力では対応し切れません。日本人気質の精神論・根性論が散見されますが、残される者のためにも(適応は慎重に、が原則ですが)セデーションをもっと活用していってもいいのではと思います。

◎質問者からの返答

どうもありがとうございます

最終的セデーションの条件が揃っている状況では

患者本人の真の希望を尊重するべきと思います


4 ● digipino
●50ポイント

http://geocities.yahoo.co.jp/gl/hazama9

Yahoo!ジオシティーズ - 生と死をみつめて

2004年11月28日(日)のプログの例は、患者さま自身が残された命の時間に、

家族に別れの挨拶をし、アストロピンとドルミカムを指示しました。

若い医師は、それに従っただけです。


最終的セデーションは、ギリギリのところではなく、

患者と家族が冷静に考えられるときに、インフォームド・コンセントの一環として、

説明をするのがいいと思います。


ところで、私自身の場合ならケタミンを入れてほしいです。

一生に1回でいいから、ケタミン( ゚д゚)ホスィ…

◎質問者からの返答

どうもありがとうございました

例に出していただいたのは患者ご本人に十分な知識があって、自分にとってのベストを選択した例かと思います。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ